無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

アーノルドシュワルッツェネッガー

2015年03月18日 | 面白画像

 



「アーノルドシュワルッツェネッガーはどうしてすぐ破れる安い服ばか
り着ているの?」
「奴は“ヘビーデューティ”が嫌いだからさ」

「アーノルドシュワルッツェネッガーはどうしてすぐ破れる安い服ばか
り着ているの?」
「庶民派を狙ってるからさ」

「君はどうしてすぐ破れる安い服ばかり着ているの?」
「貧乏なんだよ!悪いかよ!」

「どうして安い服ばかり着るの?」
「何度も破れるからだよ」

「どうして安い服ばかり着るの?」
「お前を食べるためだよ」

------------------------------------------------------------------

~カリフォルニア州知事選~
女性団体:「シュワルツェネッガーは、胸の大きな女性はバカだと発
言しました。

女性差別をする候補者に票を入れるべきではありません」

シュワルツェネッガー:「私は男女差別はしません。」

-------------------------------------------------------------------
葬儀屋が働いていた。ある夜更けのことだった。
彼の仕事は、埋葬、あるいは火葬される前に、死体を検査すること。
火葬を控えたシュワルツ氏の死体を検査していた彼は、あっと驚く発
見をした。

シュワルツ氏は、これまで見たこと ないほど長いポコチンを持ってい
たのだ!

「ごめんな、シュワルツさん、」 彼は言った。
「けど、こんなにでかいポコチ ンをつけたままじゃ火葬へは送れな
い。こいつは、後世のために残さなくちゃいけないわな」

そう言って、彼は、器具を使って死体のポコチンを切り取った。そし
て、その掘り出しモノをかばんに詰め込み、

家へ持ち帰った。

彼がそのポコチンを最初に見せたのは、自分の妻だった。
「見せたいものがあるんだ。きっと目を疑うぞ」 そう言って、彼はかば
んを開けた。

「なんてこと!」彼女は叫んだ。

「シュワルツが死んじゃったのね!」


---------------------------------------------------------------
やさぐれ あるときカウボーイが馬に乗って巡回していたら、コヨーテ
か何かを捕るための罠に引っかかってもがいている妖精に出遭っ
た。

罠を外してやると妖精は感謝して、
「何でも願いを叶えて…あげたいところだが、私の使えるのは美容系
の魔法だけだ。だからお礼に、どんな容姿にでもしてあげる。」

「なら、顔はレオナルド・ディカプリオのように、身体はアーノルド・シュ
ワルツェネッガーのように、そして肝心な所は この馬そっくりにして
くれ。」

「ひきうけた。変身魔法は効果が現れるまで一晩かかるから、明日
の朝を楽しみに。」

そう言って妖精は姿を消した。

翌朝、鏡を見ると、確かにディカプリオに引けをとらないイケメンにな
っていた。

期待してシャツを脱ぐと、シュワちゃんもまっつぁおの筋骨隆々。
やったぁ♪ と喜び勇んでパンツを下ろしてみた。

あの馬はメスだったっけ…
 
   
 
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜愚痴 | トップ | お相撲さんが手をパチン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。