無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

古今亭志ん生の噺、「夕立勘五郎」

2015年05月21日 | 落語・民話

古今亭志ん生の噺、「夕立勘五郎」(ゆうだちかんごろう)によると。

 

 
 「今夜は何だい?浪花節?ふーん。侠客語りの名人だ?名前は何てんだ?赤沢熊造?あんまり聞かねぇな。まあ、いいか」 。
兄貴と連れだって、横町の寄席へ二人連れ。
 「今出てきたのは上手かったね。今度、出て来るのが、赤沢熊造先生かい?
  誉めてやろう、おお、出て来たよ、あれかい、顔は上手そうだなぁ」。

出てきた先生「(咳払い)え、あーあー、あーあー」、
「まるでカラスが子を取られたようだね」 、
「黙っておいでよ」 。

「♪あー、一席(うっせぇき)うかぎゃーますで、
  夕立勘五郎(ううだちきゃんごろう)の一席」、
「なんだこれは」、
「黙ってお聞きよ」。

「♪明日(あし)有りと思う(おめう)心(こけろ)の仇桜(あだざきぃら~)、
 夜半に(ぬ)嵐(あらす)の吹かぬもの。
 人(すと)死(つ) んで名を残(おこ)し、虎死(つ)んで皮残すぅ。
 こけぇ伺う一席(うっせき)はぁー、夕立勘五郎(ううだつきゃんごろう)、
 えかがなります時間(ずかん)までぇ~。
 侠客(こうかく)むずかすぅ商売(しょうびゃぁい)はねえ。
 どぉーむずかし~かというと、度胸(どけぇ)てえものが良くなければなんねぇし、
 人(すと)の為には身命(ちんめい)を投げ打たなければなんねぇー。
 上州(ぞうしゅう)国定(くぬさだ)村の忠治(つーず)、
 大前田英五郎(おおみゃーだやーごろ)、
 清水湊(つむじゅみなと)の次郎長(ずろちょー)
 なんどはいい侠客(こうかく)だが、
 こけぇ伺いまする夕立勘五郎(ううだつきゃんごろう)、
 一人(へとり)でどうすてその運命(ぬんめー)の
 名前(なみゃー)を取ったかってぇとぉ、
 ある日の事に、勘五郎ぉ~、ぶんらり、ぶんらりこぇとぉ、歩いているとぉ、
 はるか向より馬ぁ~駆けて来た。
 皆、あぶにゃーからと逃げ込んだ。
 なんであらんかと勘五郎が小手をかざして眺めると、
 飛んでめえったこの馬は、松平(まつでぇら)公がえかく可愛がっていた
 ”夕立(うーだつ)”と言う馬。そけー、勘五郎抱え(かけー)こまんとしたから、
 やられてはてえへん~~と、体(てい)を右や左にかわしていたけんど、
 馬の股ぁ潜っといて、ゲンコ(ぎんこ)を固め、
 馬の横っ面ぁ、はっくりかえしたら、ころりと死(ち)んだ。
 なんてえらい力だんべぃ、この人(すと)が夕立(うーだつ)
 というアダナをもらった初めであります。
 この先やっておりますとお長くなるで、明晩まで、お預かりぃ~」。

「おい、驚いたね、これはひでぇ。先生!」 、
「なんだねぇ」 、
「この侠客は、どこの侠客だ」 、
「この侠客(こうかく)は、江戸(いど)の侠客、
 夕立勘五郎(ううだつきゃんごろう)の生い立ち」 、

「江戸には、ううだつきゃんごろう、なんて居ない。
 江戸の侠客は夕立勘五郎と言うんだよ。
 『ぎんこ』ではなく拳固だ。ひでぇ訛りだなぁ。
 こんな浪花節は聴いたことがない。もう聴きに来ない」 、
「アンタみたいな聞き分けない人は聴きに来なくてええわ」、
「『ええわ』だって。あんな夕立は有るもんか。さっき、
 聞いているときに”ゾーッ”としちゃったぞ」、
「あれは聞いているときにゾーッとするもんだ」、
「なんで」、
「名前(なめー)が夕立(ううだつ)じゃねーか」。

 

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今亭志ん生の噺、「五銭の... | トップ | 中国のことわざ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。