無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「妖怪W」韓国の子供たちも魅了、「世界文化遺産」登録反対でもサブカルは別腹?

2015年05月22日 | ニュース

「妖怪W」韓国の子供たちも魅了、「世界文化遺産」登録反対でもサブカルは別腹? 韓国でも売れたいニャン!

 ゲームや玩具で爆発的にヒットした「妖怪ウォッチ」の人気が海を越え、お隣の韓国に広がっている。「子供の日」(5月5日)を控えた4月下旬の統計で、「妖怪ウォツチ」の関連玩具の売上が1、2位を占める大型小売店が現れた。日本のアニメや特撮のコンテンツは韓国でもともと人気が高く、「妖怪ウォッチ」も大きなブームになる気配。最近韓国では「明治日本の産業革命遺産」への世界文化遺産登録の勧告に反発が起きているが、サブカルチャーは別腹であるかのように受け入れられている。

 韓国版「妖怪ウォッチ」、玩具が1、2位

 子供たちが、おもちゃを親にねだれる「子供の日」(5月5日)。このシーズンになると韓国でも、一大商戦が繰り広げられる。

 冬は世界を席巻したディズニー映画「アナと雪の女王」が話題をさらったが、今シーズンの注目の的は、あの「妖怪ウォッチ」だ。

 妖怪を見たり、呼び出したりできる腕時計型のアイテム「妖怪ウォッチ」を手に入れた小学生の男児を主人公にした漫画で、アニメ化によってブームに火がつき、日本では昨年、玩具の売り切れが相次いだ。

 韓国では2014年秋からアニメ放送がスタート。バンダイナムコホールディングスの韓国法人にあたるバンダイナムココリアが昨年11月に関連玩具を発売した。表記や音声を韓国語バージョンに変更。現地にあわせた商品供給の体制を整えたのは現在は韓国向けだけだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好物 | トップ | 家電は「日本」アピールで勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。