無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

悪夢

2014年11月17日 | 面白画像

俺はある夜、悪夢をみて目を覚ました。
部屋の中では恋人が漫画を読んでいて、ただ、俺は夢をみていたのだと安心した。
「なんだ、どうしたん?」
俺が起きたことに気づいて、彼は本を伏せて、そう尋ねてきた。
俺はとても恐ろしい夢をみたのだが、どうも内容が思い出せんことを伝えると、
突然、彼が後ろ手に隠した包丁で俺を刺した。

しかしそれは夢で、俺は再び目を覚ました。
悪夢同様に、今度はセフレが漫画を読んでいた。
俺は夢であったと知り、思わず彼に抱きついた。
「おうおう、また再開ってか?」
「ちげーよ。スッゲー怖い夢をみたんだよ。お前が俺を殺そうとする夢」
そう聞いた彼はクスリと笑った。
「バカだなぁ。包丁なんかで殺すわけないじゃないか」
そう言って、側に置いていたドライバーで俺を刺した。

しかしそれはまた夢で、俺はまた目を覚まし、
また彼に殺されるというのを何度も繰り返した。

最後に俺は彼に揺り動かされて、半ば強制的に目を覚ました。
「なんだよ! お前、大丈夫か? スッゲーうなされてたぞ!!」
「......」
そして彼は俺を抱き締めた。
俺の目にすぐそばに置いてあったドライバーが映った。
こっちがやらなければ、またやられる。
俺には既に夢と現実の区別はついていなかった。

もう、これで悪夢はみないだろうと俺はまた布団に入り直し、
再び眠りについた。

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妙なキノコを食べて危篤状態... | トップ | 妹が欲しいです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。