無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

医師は座薬を入れることを提案した。

2014年10月21日 | 面白画像

胃の具合が悪くなった男が、とある医師の元に駆け込んだ。
医師は座薬を入れることを提案した。
医師は男を四つんばいにさせ、彼の背後から座薬を挿入した。
そして、6時間後にもう一度座薬を入れるよう指示した。

6時間後、男は座薬を入れようとしたが、1人ではうまくいかなかった。
そこで彼は妻に頼んだ。
妻は彼を四つんばいにさせ、自分は膝立ちになって、
片手を彼の肩に置いた状態で座薬を押し入れた。

その途端、男は頭をかかえて絶叫した。
「ちくしょう、なんてこった!」
妻はびっくりして男に尋ねた。すると彼はこう言った。
「実はあの医者も同じように俺の肩に手を置いてたんだ」
まだ事情が飲み込めていない妻はさらに訊ねた。
「手が....どうかしたの?」
すると男はいまいましげにつぶやいた。
「俺の方にあった手がな....両手だったんだよ」

「あら、それに今気付いたってことは、よほど小さかったのね」

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先生を回そうとしていただけです | トップ | 3人目の赤ちゃんがほしいブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。