無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

裁判員制度

2014年12月03日 | 面白画像

小柄な美子夫人の元に、裁判所から裁判員を務めるよう通知書が届きました。
驚いた美子夫人は裁判所に出向き、自分は死刑制度廃止論者であり、そういう私の主義主張が公平な裁判の妨げになる恐れがあるので、裁判員の指名を免除して欲しいと訴えました。

「しかし奥さん、」
美子夫人の訴えをひととおり聞いた係官は言いました。
「今回の事件は小さな民事事件なんですよ。妻に約束していたプレゼントの指輪を買うお金を、賭博ですっかりすってしまった夫がいまして、今回はその夫を妻が訴えたものなんです。」

美子夫人は係官の目をまっすぐ見つめて言いました。
「分かりました。裁判員をやらせていただきます。」
「私は今のお話を聞いて、死刑に関する考え方が根本的に間違っていたことがよく分かりました。」

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイロットの地獄 | トップ | 誰が窓際社員か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。