無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

アザラシと巨大タコの壮絶な死闘が激写される!! 勝者はどっちだ?

2015年02月18日 | ニュース

 

アザラシと巨大タコの壮絶な死闘が激写される!! 勝者はどっちだ?

 海に暮らす哺乳類、アザラシ。その愛らしい姿で水族館でも大人気の存在だが、漢字で「海豹」と書くように、獰猛な一面も持っている。鋭い歯で、種類によってはペンギンやイルカ、さらに他のアザラシまで襲うことがあるのだ。そんなアザラシが、巨大タコと壮絶な死闘を繰り広げる極めて珍しい光景が撮影されたとして、CBC Newsをはじめとする複数の海外メディアが沸いている。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/02/post_5793.html】

 撮影者は、カナダ西海岸のブリティッシュコロンビア州ビクトリアに住むボブ・イアンソンさん(59)。アマチュア写真家のイアンソンさんは今月、家族とともに「オグデンポイント」というクルーズ船専用ふ頭(埠頭)を散歩していた。その最中、何気なく海へと目を向けた時のこと――

「アザラシが巨大なタコを咥えて浮き上がってきたのです。まるで目が合った私に向かって、『見て。こんなの獲れたよ』と言っているようでした」(イアンソンさん)

 しかし、巨大タコの方もまだ諦めてはいなかった。最期まで戦うことを決意した様子のタコは、相手に絡みついて反撃、一時はアザラシの頭を覆い尽くすほどの攻勢を見せたという。死闘は約10分にも及んだが、結局アザラシが巨大タコをむしゃむしゃと食べ始め、とうとう勝負がついたようだ。

 写真を見た米モントレーベイ水族館の職員は、アザラシの体長を約1.4mと推定。巨大タコはというと、20kg以上の「ミズダコ」とのことだ。また、アザラシがタコを食べる行為自体は一般的であるものの、捕食の光景が捉えられるのは極めて珍しいケースだという。ただしオグデンポイントでは、2年前に今回と同様のケースが目撃されており、その時の動画も公開されている。

 ちなみに、確認されている最大のミズダコで体長9.1m、体重272kgという記録があるようだ。もしもこれほどの巨体とアザラシが一戦交えたら、異なる結果が待っていたのかもしれない。

 

 

  

 

面白かったら、「ブログランキング」 

   

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秀吉の妻ねね、ゆかりの「高... | トップ | 六代目 三遊亭円生の噺、「ね... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事