無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

レシピはなんと100種以上!洗い物もしてくれる、世界初のロボットシェフが2018年にリリース予定

2016年11月12日 | ニュース

 



 有名料理人の味をご家庭で! 2018年、モーリーロボティクス社が世界初の完全自動AI料理ロボットをリリースする。100種類以上もの有名料理人のレシピを家庭で再現し、料理後は自分で自分を洗ってくれるというロボットキッチンである。
  こんなの絶対欲しすぎるにもほどがあるだろう。
The World's First Robotic Kitchen - TV Commercial

ライブラリから選択するだけでロボットが自動調理

 モーリーロボティクス社の創業者兼CEOのマーク・オレイニク氏によると、データベースライブラリから料理の量や種類、食事制限、カロリー、欲しい具材、調理方法、シェフなどを選択し、あとは好みのレシピをタップし、計量/カット済みの素材を入れたパッケージ(こちらも注文可能)をセットして、”スタート”ボタンを押すだけで一流料理人の味を再現してくれるという。

1_e3

調理器具内蔵アーム

 必要な調理器具の類がすべて内蔵された2本の腕のようなモーションキャプチャーシステムには、料理人の動作が記録されている。

 このおかげで、まるで料理人本人が調理しているかのようにレシピを仕上げることができる。また現在、自動食器洗い機を開発中であり、いずれは調理後にキッチンの後片付けまでできるようになるという。

0_e3

プロのレシピからオリジナルレシピまで様々な料理が作れる

 第一弾として投入されるライブラリのレシピには、ティム・アンダーソン氏のクラブビスクといった繊細な味付けが要求されるプロならではの難しいレシピが含まれる。アンダーソン本人でさえ、モーションキャプチャーで正しい動作を覚えさせるために5回もトライしなければならなかった。

 ロボットキッチンはネットからレシピをダウンロードできるのみならず、自分のオリジナルレシピをシェアしたり、販売したりすることもできる。”レシピのデジタルライブラリ”を通じて広まる創造的なデータベースからはプロの料理人すらもインスピレーションを得られるはずだ。

2_e2

一度ダウンロードしてしまえばオフラインで使用可能

 家庭用ロボットシェフと聞いてワクワクする一方で、どこか不安めいた予感もある。ネットでレシピをダウンロードすればどんな料理でも作れるという触れ込みは間違いなく素晴らしいが、これは本当にきちんと機能するのだろうか? ネットに頼りすぎて、アクセスできなくなった場合はどうすればいいのか? 数々の疑問が浮かんでくる。

 こうした不安に対して、オレイニク氏は信頼性こそがロボットのもっとも大切な要件と答える。開発において重視したのが、キッチンの安全性と一貫して動作することであったという。また、ネット接続については、レシピのダウンロードやアップロードには必要だが、一旦ダウンロードしてしまえばオフラインのままでも使用できるとのこと。さらにマニュアルによる操作も可能だそうだ。

4_e4

ロボットが臨機応変に対応できるのかとの疑問も

 安全性のほかに、本当に一流料理人の技をそう簡単に真似できるのかどうかも分からない。例えば、ザ・キッチン・バイ・ウォルフガング・パックのオースティン・グレシャム氏はこのように述べている。

 「プロのシェフは料理する際、常に即興性が求められます。レシピに25分じゃがいもを焼くとあっても、そのジャガイモの密度が異なれば調理時間も異なります。私はジョエル・ロブションと同じ腕前を持つと触れこむマッシュポテトマシンにだって挑戦しますよ。ほかにも鍋やフライパン、オーブン、グリルなども熱さにムラがあります。シェフは常に同じ部位を使うのではなく、即興で対応します」

 それだけでなく、ロボットに人の重要な感覚が備わっていなければ、パン生地の圧力の変化などにどう対応するのだろうか? こう問うのはコンラッド・マイアミのヴァージル・ブランデル氏だ。

 「シェフはどの料理にも精一杯打ち込み、同じ料理は二つとしてありません。料理や風味に添えれらるシェフ自身の個人的な感触こそが、最終的な仕上がりを決めるものだと思います。何よりも、完璧な料理を作るには五感を総動員しなければなりません」

5

完全なるお料理ロボットの完成は5~10年先か?

 科学者の視点からは、モーリーのロボットが料理業界や産業界における台風の目になる可能性までは否定できない。

 しかしカーネギーメロン大学のコンピューター科学者シッダールタ・シュリニヴァーサ氏は、間違いを許容するレシピはあるが、プロ品質の料理が本当に再現できるようになるまでには5~10年はかかるだろうと見ている。彼はグレシャム氏とブレンデル氏と同様、触覚と嗅覚が必要であろうと説明する。

 「様々な食材が存在しており、例えば同じトマトでも見た目や味は異なります。ヘタを取る必要があるものもあれば、ジャガイモなら皮を剥かねばなりません。そうしたフィードバックを機械にきちんと入力し対応させることで、食材の化学組成や温度の違いを認識し、適切に対応できなければならないのです」

 さて気になるお値段だが、1体92,000ドル(920万円)くらいになるそうだ。

 シュリニヴァーサ氏の見解では、新しもの好きの富裕層あるいは病院や老人ホームで需要があるのではないかとのことだ。

via:The World's First Home Robotic Chef Can Cook Over 100 Meals/ translated hiroching / edited by parumo

 こういうニュースを聞くと、本当にロボット化の波はすぐそこまで押し寄せてきているのがわかるね。調理台の上から2つのアームがびにょーんと伸びてくるシュール感もことさら未来を感じさせるじゃないか。洗濯機も畳までやってくれるのが登場しているし、家事業界はあと数十年で大革命が起こりそう。



 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界びっくりニュース一覧 2... | トップ | サッと見ニュース 日々のニュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。