無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

守衛のオッサンがサト兄に何かしようとしているのを お化けが邪魔してくれたんじゃないすか?

2014年11月07日 | 面白画像

小学生の頃、家に居るより外で動きまくっていた方が好きな自分は、
休日になると学校の校庭が解放になるので、常に遊びに行っていた。
その年の冬休みも毎日行っていたら、守衛のおじさんと話す様になった。
元々、彼は自衛隊にいて戦闘機などを操縦するパイロットだったと、
腕の筋肉をグッとやってマッチョなアピールをしながらする話が面白くて、
友だちがまだ来てない時とかに彼のいる部屋に行ったりしてたのだ。

そんなある日、そのおじさんに呼び止められた。
「サトシくん、さっき屋上にサッカーボール乗せちゃった子がいてね。
 ちゃんと屋上の鍵閉めてきたか見てきてくれないか」と頼まれた。
まだ友だちが来ていなかったので「いいよ!」と、
自分は何の疑問も感じずに屋上に向かった。

屋上の鍵が閉まっているのを確認して、さあ、戻ろうかと扉に背を向けたら、
鍵が閉まって誰もいないはずの屋上のドアが
ドンドンドンドン!と外側から叩かれた。
飛び上がるほどビックリした自分は走って階段下りてたら、
守衛のおじさんが階段を上がってきたので「鍵閉まってたー」と言いながら、
呼び止められたけど、すれ違って校庭に出た。
その時は「誰もいないはずの屋上ドアが外から叩かれた怖いよー」
としか思っていなかったが、
数年経って恋人にこの話をしたら、
「守衛のオッサンがサト兄に何かしようとしているのを
 お化けが邪魔してくれたんじゃないすか?」と言われた。
確かに思い出してみると、当時は子供だったから何にも思わなかったが、
話しをする時、やけにボディタッチが多かった気がする。

 

 

面白かったら、「ブログランキング」 

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロケット団は二人の人間と一... | トップ | 柳家小さんの噺、「王子の狐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。