無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

師匠がロバを餞別にくれた

2014年12月15日 | 面白画像

サマルカンドの若い学生が、自分の運を切り開こうと旅に出ようとした。

すると彼の師匠がロバを餞別にくれたので、一緒に連れて旅に出た。

しかし、旅の途中ロバが死んでしまった。

若い学生はロバの墓を作ってやり嘆き悲しんだ。

それを見た付近の住民が「あれだけ悲しむと言うことは、

さぞ偉い聖者が死んだに違いない。」

とロバの墓の上に立派なモスクを立てた。

若いウラマーは、そのモスクのウラマーとして迎えられた。

「ありがたい聖者のモスク」として評判が評判を呼び、

多くの寄付が集まりモスクはどんどん立派になった。

若い学生は大モスクのウラマーとして、尊敬を集めることとなった…

ある日、一人の旅の老ウラマーが、評判の大モスクを見ようとやってきた。

かつての若い学生だったウラマーが、

モスクから出て旅の老ウラマーを見るとそれは自分にロバを餞別にくれた、

かつての彼の師匠だった。 

師匠が弟子の成功をほめると、学生だったウラマーは、

大モスクが実はロバの墓であることを告白し

「本当のことがいつかばれるのじゃないかと、不安で夜も眠れません!
 もうここを逃げ出そうかと…」

と言った。

師匠の老ウラマーが答えていった。

「おまえもか…。実はお前が学んだわしのモスク、
 あれはわしが若いころ師匠にもらったロバの墓じゃ。
 それで逃げ出してきたのじゃ…」

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窓から入ってきた少女に「何... | トップ | 天使がやってきて、天国にい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。