無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

行かずの雪隠

2014年11月09日 | 落語・民話

いかずのせっちん
『行かずの雪隠』
― 宮城県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐々木 徳夫
提供 フジパン株式会社
 昔ね、
 あるお寺の雪隠(せっちん)に狸(たぬき)が棲(す)みついて、雪隠に入るたびにいたずらすんで、和尚(おしょう)さんは「行かずの雪隠」と名づけて、締(し)め切ってたど。

 ある日のこと、和尚さんが、
 「小僧(こぞう)や、御法事(ごほうじ)さ行って来るがら、行かずの雪隠さ近寄(ちかよ)んでねえぞ」
て言って出かけたど。
 近寄るな、という所には行きたいもんで、小僧は戸をこじあけて入ったど。

 別に変わったこともねえ。なあんだ、普通の雪隠でねえが、と思って用を足してたら、下から白い手がヌーッと出て来て、
尻をペタペタ叩(たた)いたり、撫(な)でたりされたんで、「キャーッ」って飛び上がったら、入り口に男と女の生首(なまくび)がブランと下がって、
ニッタニッタ笑ってんで、腰(こし)抜かしてしまったど。
 小僧はやっと這(は)い出して、蒲団(ふとん)をかぶってブルブル震(ふる)えながら寝(ね)てたど。
 間もなく表でカタッ、カタッと下駄(げた)の音がして、スーッと戸が開いたんで、あっ、和尚さんが帰って(けぇって)来た、と思ってホッとしたど。
 「小僧、今帰った(けぇった)ぞ。お前(おめえ)、行かずの雪隠さ行ったべ」
 「はい」
 「下から白い手がヌーッと出て来て、尻をペタペタ叩いたり、撫でたりしたべ」
 「はい」
 「入り口に男と女の生首がブランと下がって、ニッタニッタ笑ったべ」
 「はい」
 「こんな顔でながったかあ」
て言いながら、蒲団をめくったと思ったら、またヌーッと生首が近寄って来て、ニッタニッタ笑ったど。小僧は、
 「キャーッ」
て、蒲団をかぶってブルブル震えてたど。  ほうしたら、また表でカタッ、カタッと下駄の音がして、スーッと戸が開いたど。
 小僧は、また化け物が近寄って来るな、と思って、ぎっつり蒲団をつかんでいたら、
 「小僧や、今帰ったぞ。何だどこにいるんだ」
 和尚さんは、小僧が蒲団をかぶって寝てんだと思って、さっと蒲団を剥(は)いだら、
 「キャーッ」
て、小僧が気絶してしまったど 
和尚さんは、
 「小僧、あれほど言ったのに行かずの雪隠さ行ったな。俺だ、俺だ。これからは二度と近寄るな」
て言ったどさ。

 こんで、えんつこもんつこ、さけた。

 

 

 

 面白かったら、「ブログランキング」 

    

人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男と妻がある問題がきっかけ... | トップ | Q.キリストはなぜイタリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。