無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

一人の男がバーに入り、バーテンダーに賭けを申し出た

2014年08月09日 | 面白画像

一人の男がバーに入り、バーテンダーに賭けを申し出た。

彼は言った。
「あそこの床に杯を置いて、20フィート離れたとこから小便を一滴もこぼさずに命中させてやる。これに50ドル賭けよう。ただし、もし一滴でもこぼしたら、お前さんが掃除しなけりゃならん」

バーテンダーがこの賭けにノったので、男は杯を床に置いた。

そして、そこから20フィート離れると、小便をバーの中全体に撒き散らした。

小便は通路、床、バーの中にいた者のグラス、そしてバーテンダーにまでひっかかった。

バーテンダーは、勝ち取った50ドルに笑みを浮かべながら清掃した。

すると、賭けに負けたはずの男が笑い出した。

バーテンダーは聞いた。
「ヘイ、あんたは50ドル負けたんだぜ。なんで笑ってられるんだ」

男は答えた。
「外の歩道に突っ立ってるヤツがいるだろ。オレは、あいつに200ドルを賭けたのさ。このバーに入って、小便を撒き散らして、バーテンのお前さんに、笑みを浮かべながら清掃させてやるってね」

 

 

 

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。

 

 


クリックをお願いします↑↑↑↑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある青年がバーでワインの産... | トップ | 余計なお節介をしに行ったあげく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。