無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

柳家小三治の噺、「備前徳利」

2015年04月27日 | 落語・民話


柳家小三治の噺、「備前徳利 」(びぜんどっくり)によると。
 

 備前の池田公が諸国の大名を呼んで宴会を開いた。その時酒豪の大名が居て、自分と飲み比べがしたいので、誰か酒が飲める者を同伴して欲しいと所望された。しかし、その様な酒豪は備前藩には居なかったが、それでは失礼になると、下役ではあったがお台所役の片山清左衛門と言う者を見付けた。衣服を整え、大名と差しで飲み比べをやった。清左衛門が勝ったが、その大名は機嫌良く帰っていった。これを喜んだ池田公は清左衛門に三百石を与えた。

 清左衛門の妻女はとうに亡くなり、子の清三郎と伴の家来の三人暮らし。夢のような、使い切れない大禄をいただいたので、裕福になって毎日好きな酒を好きなだけいただいて暮らしていた。
 風邪も引いた事がなかった清左衛門、病を得て床についてしまった。余命いくばくもないと感じた清左衛門は、酒は百薬の長だからと薬の代わりに好きな酒を飲んで過ごしたいという。医者に聞いたら余命は長くないので自由にさせてやるのが良いと言われた。酒をチビチビやりながら、病気療養という不思議な病人になった。
 臨終の間際に、「酒のために出世をした、備前徳利に自分の絵柄を残し、酒の側にいさせてくれ。それを殿様に願い出てくれ」と清三郎に望みを託した。それを聞いた殿様は快諾して絵柄入りの徳利が焼かれるようになった。

 清左衛門が亡くなると、せがれ清三郎も近習になり、参勤交代で江戸に出た。江戸に来てみると備前と違って見る物全て煌びやかで、特に吉原は華やかで、その中の佐野槌に上がり花魁に入れあげてしまった。三日にあげず通うようになって、諸先輩や周りから注意されたが聞く耳を持たなかった。
 ある晩、清三郎の枕元に清左衛門が立ち、吉原通いの意見をされる夢を見たが気にもならない。しかし、毎晩同じ夢を見るようになると、ハタと気が付き吉原通いをプッツリと止めてしまった。

 吉原通いを止めた晩、清三郎の枕元に父親が立って、ゆっくりと飲み明かしたいという。「今どこにいらっしゃるのですか、十万億土という遠方から来るのは大変でしょ」、「いや、両国の酒屋に買われてきて、毎日酒を入れられているんだ。こんな幸せはない」。毎晩清三郎のところに来て、親子で酒を酌み交わすようになった。清三郎もそれを楽しみに、待ちこがれるようになった。しかし、父親がプツリと来なくなってしまった。
 心配していると、力無く父親清左衛門が現れた。
「ご案じ申しておりました。お顔の色がすぐれませんがどうかなさいましたか」、
「いやぁ、えらいことになった。このところ口が欠けたので、とうとう醤油徳利にされてしまった」。

 

 

大きな字はamazonにリンクしています。何が飛び出すかお楽しみください。

  お買い物はこのリンク経由でお願いします。

      

 人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

 ブログランキング  面白画像 ジョーク  ショッピングいいね  

 夜鷹蕎麦 時蕎麦 蕎麦 ブロンド キーボード ネットサーフィン 柔道部 勃起 アナル 禁酒法 エリオットネス カポネ アスパラガス マヨネーズ 飲めない 風邪 吐き出す オーラ 悪霊 反魂香 高尾の幽霊 越中富山の反魂丹 無言電話 女性の尻を触った 消防ホース 火炎放射器 チカン いきり立ち 嘘みたい 網タイツ 貯金箱 トイレ 備前徳利 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレ 川柳 | トップ | 韓国に米国の欲求不満 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。