無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「74式戦車」の進撃、砲弾の轟音…

2015年03月23日 | ニュース

「74式戦車」の進撃、砲弾の轟音…「陸自」の実戦を“仮想体験”、迫力と技術・統率力にすごさ実感

 滋賀県北西部の比良山系の麓にある陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(高島市)で昨年12月16~18日の3日間、陸自中部方面隊の戦車射撃競技会が開かれた。災害救助活動などで注目される自衛隊だが、当然ながら国防の実戦をにらんだ訓練も日々行われている。今回は方面隊が初めて企画した競技会で、報道陣にも公開された。4両の戦車が横1列に並び、一糸乱れぬ隊列を保ちながら砲撃の轟音(ごうおん)を響かせる光景はまさに圧巻。最終日は大雪に見舞われ、まるで北方での戦闘をシミュレートしたような状況が繰り広げられた。(大津支局 和野康宏)

演習場は雪景色

 饗庭野演習場を訪れたのは2度目。別の取材で来た時は演習地のむき出しの地肌を目の当たりにし、見たことはないが、本当の戦場に立ったような気分になった。

 今回は競技会最終日を取材。当日は大雪に見舞われて辺り一面真っ白で、前回とはまた違う光景が広がっていた。

 出迎えてくれた中部方面総監部広報室の川本繁幸1等陸尉は「昨日まではよく晴れていたんですが…」と断わりながらも、「各部隊とも、冬場には雪上での戦いを想定し、戦車に『除雪ドーザ』を付けて前進する訓練を積んでいるので、今日の大雪も克服してくれますよ」。

師団・旅団から12小隊

 陸上自衛隊は日本列島を5つに区分して方面隊を組織。中部方面隊は東海・北陸から近畿、中四国までを管轄する。各方面隊には作戦を遂行する基幹部隊として隊員5千人規模の「師団」や2500人規模の「旅団」が配置され、中部方面隊は第3、10師団と第13、14旅団が置かれている。

積雪の悪条件でも、隊列を乱さず目標を…国民の信頼を支える真摯な訓練


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  斬髪し英国留学した「長州五... | トップ | 女装して女子トイレに侵入 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。