無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

いよいよ超飛び?不気味の谷。表情を察知し会話もできる最先端テクノロジーを駆使したヒューマノイド

2015年04月24日 | ニュース

いよいよ超飛び?不気味の谷。表情を察知し会話もできる最先端テクノロジーを駆使したヒューマノイド「ハン」さんがお披露目(米研究)

 

不気味の谷とは (ブキミノタニとは) [単語記事] 

 

 よく動く眉毛、頰のシワ、部屋にいる人間を見やる目など、最新技術を搭載したロボットの頭部は、不気味なほど人間じみている。

 ハンと名付けられたヒューマノイドは、香港アジアワールド・エキスポのグローバル・ソーシズ・スプリング・エレクトロニクス・ショーで展示されたものだ。豊かな表情を作り、基本的な質問に答える能力を備えるこのロボットは、医療現場でのシミュレーションをはじめとする多様な可能性を示しており、大勢の観客から注目を浴びていた。

 ハンさんを開発したのは、アメリカ人ロボット設計者であり、ハンソン・ロボティクス社の創始者でもあるデビッド・ハンソン氏だ。軟体機械工学とナノ技術の結晶であるハンは、フラバーという柔軟な素材で作られており、表面にはわずか4~40ナノメートルほどの孔が開いている。特殊なソフトウェアが組み込まれているため、様々な人間の表情を認識し、自然に反応することもできる。

1_e9

 ハンソン・ロボティクス社のウェブサイトによれば、ハンは実際に人の顔を見ており、アイコンタクトを図れるほか、話を理解し「機知に富んだ会話」をすることができるという。

 同社はハン以外にも人間型ロボットを製作している。ハンの初期バージョンには、豊かなヒゲと長い白髪を特徴とするアインシュタインそっくりの顔をしたものもある。これは2009年、アメリカで開催されたテクノロジー・エンターテイメント・デザイン・カンファレンスで公開されたもので、複数のモーターが口や目の周りを微妙に調整することで、表情を作ることができた。

2_e6

3_e8

 現在、香港はアメリカよりも低コストで新技術開発が可能な生産拠点として、ロボット工学の専門家が大勢押し寄せているところだ。

4_e6
via:globaleconomicanalysis・原文翻訳:hiroching

      

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わいせつ行為 | トップ | 「その花いくら?全部買うか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。