無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

マジかよ!ビールテイストの窒素注入コーヒーがアメリカで大ブレイク中。この流れ、日本にくるか?

2015年05月12日 | ニュース

マジかよ!ビールテイストの窒素注入コーヒーがアメリカで大ブレイク中。この流れ、日本にくるか?

 日本にも上陸しそうな勢いの新感覚コーヒーがアメリカでブレイク中だ。窒素が注入されているニトロ・コーヒー、「Black & Blue」は、ビールを飲みたい気分だが、エスプレッソも捨てがたい人の為の一石二鳥ドリンクだ。

 これはACビバレッジ社が発売したジョータップ・システムを使って、コーヒーに圧縮窒素や二酸化炭素を注入したものだ。まるでビールサーバーのようなケグの中でキンキンに冷やされた窒素コーヒーをチューリップグラスに注ぐと、表面にきめ細やかな泡が覆う。

 アメリカではいくつかのコーヒーショップでジョータップ・システムが導入され、ついには、キュヴェ・コーヒーがブラック&ブルーという窒素を注入したコーヒー缶飲料を発売した。

0_e18

 見た目がビールっぽいだけでなく、お味も確かにビール風だ。グルメ情報サイトのボナペティ(Bon Appetit)では、その味を「リッチかつクリーミー」、あるいは「大バッチのアイスコーヒーよりも、甘く、酸味が少ない」、さらには「チョコレート風味」とまで表現している。

 ワシントン・ポスト紙では、間も無く特許取得が見込まれるジョータップ・システムは、飲み物を「クリームと砂糖を入れたかのような風味」にすると紹介している。これで窒素を注入すると、普段なら分かりにくいコーヒーの風味が引き立つのだ。

2_e25

 ジョータップ・システムは、先月シアトルで開催された毎年恒例のスペシャルティ・コーヒー・アソシエーション・オブ・アメリカでお披露目された。ACビバレッジ社の創業者であり、ジョータップ・システムの開発者でもあるチャールズ・クラインリッヘルト(Charles Kleinrichert)氏によれば、同システムは窒素を極小の泡に分解してコーヒーに注入することで、ビロードのような舌触りをもたらしてくれるという。

 この流れ、日本に来るのか?今までも炭酸コーヒーなるものは何度か日本に上陸していたが、これまでのものとは違い、かなりいけそうだ。この新感覚コーヒーを飲みたいというおともだちは、どんどんこの情報を拡散させていって、どっかのドリンクメーカーに代理店契約とってもらうのを待とう。

 ちなみに私のいた時代(2000年前後)のアメリカでは、アイスコーヒーはあまり一般的でなく、缶コーヒーなんてめったになかったのだが、唯一あったのが缶入りの炭酸入りアイスコーヒーだった。味はといえば、何も言えないし語れないのだが、今回のやつはちょっと期待できそうだ。


     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性の敵に 立命館大生を逮... | トップ | 世界で初めて商用の自動運転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。