無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

ファストフードの店員がお金の足りなかった男の子に小さな親切、50倍の恩返しが待っていた。

2015年04月09日 | ニュース

ファストフードの店員がお金の足りなかった男の子に小さな親切、50倍の恩返しが待っていた。

 アメリカのとあるファストフード店。トレビス・サットラーはこの日ここのレジで働いていた。そこへ1人の男の子がやってきた。その子は、お金を握りしめながらソワソワしていた。ミント味のオレオ・アイスクリームが欲しいのだがお金が足りるかどうか心配していたようだ。

 持っていたお金をすべて差し出したのだが、それでも2ドルほど足りないようだ。でもどうしても食べたそう。トレビスは、ポケットに入れた自分の財布から クレジットカードを取り出すと「僕のおごりだよ」と言って、男の子にアイスクリームを買ってあげた。男の子の顔は驚きと喜びで満ち溢れていた。

 この行為がその後50倍返しとなって戻ってくることとなる。

 その様子をずっとみていたトレビスは、自らのお財布からクレジットカードを取り出してすっと会計を済ませた。「僕のおごりだよ」。そういってアイスを渡すと、男の子の目はまん丸になって、おっきな笑顔を浮かべた。
4

 その笑顔を見て幸せな気分になったというトレビスだが、話はここで終わらなかった。

 30分後、その子がレジの前にふたたびやって来ると、トレビスにくしゃくしゃに丸まった手紙を渡し、その後母親と一緒に帰って行った。

 その手紙を開けてみると中には100ドル札(12000円)が!
 手紙にはこう書かれていた。
1

さっきはアイスクリームを買ってくれてどうもありがとう。おにいちゃんみたいにやさしい人がもっといればいいな。(スマイルマーク)


 これには驚きを隠せなかったというトレビス。トレビスはこの親子の好意をありがたくいただき、このお金は自身が通っている看護学校の学費にあてるという。

 あの男の子はトレビスの顔をいつまでも忘れないだろう。

 さらに幸せの連鎖は続く。トレビスの上司は、この出来事をとても誇りに思い、ファストフード店の役員たちはトレビスにさらにボーナスとして100ドル(12000円)を支給することを決めたという。

 また、ファストフード店では、この男の子の家族を探し出し、彼らにギフトカードを贈呈したいと発表した。すべては、小さな1つのアイスクリームから始 まった純粋なる小さな親切がきっかけだ。アメリカで広まりつつ、「Randome Act of Kindness(ランダムアクトオブカインドネス:恩送り)」の一つの形である。小さな親切がわらしべ長者的役割をもって、どんどん大きく広がっていく ようだ。

via:動画翻訳:melondeau

 まさに幸せの連鎖。こういう話を知ると、自分も何かできるんじゃないか?っと、行動を起こしてみたくなる。そして実際にやってみるのだが、日本の場合、 「小さな親切大きなお世話」などという言葉もあり、ちょっと親切にしようとすると敬遠されたり、何か下心があるんじゃないだろうか?と不審がられることも ある。

 そういうケースにぶち当たると心が折れてしまいそうになるのだが、そこで諦めるべきではない。何度も繰り返し行動していけば、見返りを求めない純粋なそ の気持ちをわかってくれるひとがきっといる。凍った人の心を溶かすのは、みんなの勇気だ。もちろん一部本当に変な人もいるけど、そうじゃない人のほうが全 然多いんだから。「小さな親切大きな変革」だ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「貶す」「捗る」「所謂」ネ... | トップ | chromeがウイルスに感染 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。