無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

『首提灯』

2015年04月18日 | 落語・民話

   えぇ、昔の江戸という街は世界的に治安のよい街だった、
と歴史の先生方はおっしゃいます。
とは申しましても、夜ともなりますてぇと、ぶっそうな夜盗、
辻斬りなどが横行しまして、いまに比べますとやはりぶっそうでした。

 さて、落語の方でも、こういうぶっそうな目にあいまして、
首と胴が泣き別れになっちまった男の咄が『首提灯』なんて残っておりますが、
今日お話ししますのは居合いの名人に胴斬りにされた男の咄で...

 上と下とがばらばらンなっちまって、しょうがねぇから、ってんで、
上は上、下は下、で奉公に出た。

 胴の方は湯屋の番台に坐る。こりゃぁぴったりですな。
足の方はいらないわけですからな。

足の方はてぇと、コンニャク屋に奉公に出ました。
コンニャクてぇのは足で踏んで作るんですから、これも適任てぇやつです。

友達   おぃ、胴さん、これからちょいと足さんのとこへ行くんだが、
       何か言づてないかい?
胴     あぁ、そいつぁすまねぇ。いやぁ、足の野郎にあったらね、近頃、
       陽気のせいか、目がかすんでしょうがねぇから、
       足の三里に灸をすえてくれるよう、云っといてくれねぇか
友達   あぁ、いいとも...おぅ、足さん、さっき胴さんに会ったら、
       三里に灸をすえてくれって云ってたよ
足     あぁ、そりゃ、わざわざどうもご親切に...で、恐れ入りますが、
       こんど胴にお会いになったら、 お言付け願えませんか...
友達   あぁ、お安い御用だ。なんて云う?
足     あまり女湯ばかり覗いてくれるな。こっちはフンドシが痛んで困ります

この咄は、もうちょっと膨らませて『胴切り』という一席の落語にもなっております。その場合は、
オチが違いまして、最後の言づては「あまり茶ばかり飲んでくれるな。小便が近くてしようがない」です。




 

↓のキーワードをクリックしてみて

 

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お医者様、こいつが屋根から... | トップ | 据えられて 七両二分の 膳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。