無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

青白い男の霊がセックスの最中に......!! 記者が実際に体験した新大久保ラブホテルの怖い話

2015年05月31日 | ニュース

青白い男の霊がセックスの最中に......!! 記者が実際に体験した新大久保ラブホテルの怖い話

 筆者は風俗取材を長年続けているが、10年ほど前に不思議な体験をしたことがある。

 さる出版関係者たちとの飲み会の席でのこと。新大久保に霊感のある立ちんぼ(娼婦)がいるという話で盛り上がった。当時、筆者はスポーツ紙で風俗記事を担当していたこともあり、その話を聞くなり、現場へと直行した。

 すっかり夜も更け、時計の針は午後11時過ぎを指していた。新大久保付近のラブホ街には、風俗店に在籍しない、不良外国人の立ちんぼの姿があった。東南アジアから南米まで、さまざまな国の女性が客を引いては、安ホテルへと消えていく。

 お目当ての女性は、関係者から特徴を聞いていたので、見つけるのはたやすかった。軽く会釈を交わすと、彼女の方から交渉してきた。

「1万5000円で最後まで」

 「最後まで」というのは、ベッドを共にするということの隠語だ。交渉に応じ、彼女の案内で古びたラブホテルにしけこむ。と、部屋に入るなり、彼女は神妙な顔つきで、次のような話をしだした。

 少し前に、このホテル予備校生の客と性行為に及んだ後、男性が彼女の目の前で飛び降り自殺を図ったとか。そのことは事件にもなり、原因は受験ノイローゼで思いつめたあまりの発作的なものだったようだ。それ以来、彼女は幽霊を頻繁に目撃するのだという。

■ドンヨリとした重い空気が漂うラブホテル

 そんな不気味な話をされたが、こちらは取材で来ていることもあり、彼女をベッドへと呼んだ。肌を重ねている最中にも彼女は、筆者の背後をしきりに気にしている様子で落ち着かない。まさに何かにおびえているという感じだ。そして、彼女はこう言う。

「部屋の空気が重たいから、窓を開けてもいい?」

 悪い冗談だと思いつつも、窓を少しだけ開け、行為を続けた。それでも、彼女は「わっ!」などと突然、大声を上げ、

「......今、霊の気配を感じたの」

と真顔で話すのだ。

 この頃になると、彼女に霊感があるという話は、本当なのだなと思い始めたが、行為をしている最中に突然、悲鳴を上げられてはたまったものではない。いったん、落ち着きを取り戻すため、休憩を提案すると、彼女は指先を小刻みに震わせていた。ペットボトルのふたを開けることができないくらい動揺しているようだった。なんだか、こちらまで怖くなってきたので、セックスすることは諦めて、彼女の話を聞いた。

筆者「部屋に霊がいるの?」

女性「えぇ、男性の霊がこちらをにらみつけてきて......」

筆者「ここから飛び降り自殺した予備校生の霊かな?」

女性「わからない」

 筆者は気味が悪くなり部屋から出ようと伝えると、彼女は申し訳なさそうに「ごめんなさい」としきりに謝っていたが、内心は怒るどころではなく、むしろ貴重な取材ができて、良い原稿が書けると喜んでいたくらいだ。

 最後に思いもよらぬ体験をするまでは......。

■青白い男の霊が......

 それは、部屋を出ようとした時のこと。玄関先で忘れ物をしていないかどうか、確認のために辺りを見回すと......。青白い顔をした青年が部屋の奥の隅に立っていて、こちら側をにらみつけているではないか......。あまりの恐怖に声が出ず、勢いよくドアを閉め、彼女の手を引いて素早くエレベーターに乗りこんだ。そして、一目散に人通りのある路地へと逃げて、彼女にこう告げた。

筆者「男の幽霊、見たよ......!!」

彼女「ねっ、言ったでしょ」

――後日談だが、先のラブホテルから出てきた女性の足首に幽霊がしがみついているのを、目撃したという話を関係者から聞いた。ほかにも複数の証言があり、成仏できない霊の吹きだまりになっているのではという噂が関係者の間に広まった。現在、新大久保にこの女性の姿はないが、幽霊の出るホテルは今でもあるのだろうか......。
(文=traveling編集部)

 

 

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科学の授業で天地創造説を禁... | トップ | 【カメラ窃盗】競泳・冨田選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。