無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

このセラピストなら夫のインポテンツを治せるかも知れないと思い

2014年08月31日 | 面白画像

長年の頭痛に悩まされていた中年女のキャシーは、友人の薦めで新しいセラピストの診察を受けた。
そのセラピストは薬を出すかわりにキャシーに暗示療法を教えた。
「こめかみを揉みながら、“頭痛なんてない”、“頭痛なんてない”と唱えてごらんなさい」
半信半疑でキャシーが指示に従うと、頭痛が嘘のように消えていった。
キャシーは驚き、このセラピストなら夫のインポテンツを治せるかも知れないと思い、
夫を受診させた。診療から帰宅した夫は、その晩、キャシーをベッドに待たせたまま
バスルームへ行った。そしてベッドへ帰ってくると、夫のイチモツはエネルギッシュに上を向いていた。
翌晩も、その次の晩も若さが戻った夫に喜んだキャシーは、夫がどういう暗示を掛けているのか知りたくなり、次の晩、夫の後を追ってバスルームに近づき、耳をそばだてた。

「“ベッドにいるのは秘書のマーサだ”、“ベッドにいるのは秘書のマーサだ”...」


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「正面入口」 | トップ | 「先生。毎晩、悪夢でうなさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。