無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

彼らは夕方には海岸に出て陽が沈むのを眺めるようになった。

2014年08月19日 | 面白画像

「無人島」

海難事故に遭って、オーストラリア人と羊と犬が何とか無人島にたどり着いた。

島に来てしばらくするとくすると、彼らは夕方には海岸に出て陽が沈むのを眺めるようになった。

ある日、空は赤く染まり、美しい雲が出て、風は温かく穏やかでロマンティックな夜となった。

彼らはそこに座って空をみつめていたが、オーストラリア人は突然羊に対して,

特別な感情が湧いて、羊に体を寄せ、その肩に手をまわした。

そのとき、犬が嫉妬の表情で威嚇のうなり声をあげたので、男は羊から手を離した。

その後、彼らはまたサンセットを眺め続けたが、男が羊の肩を抱くようなことはなかった。

数週間がたち、また島の近くで船が難破し、一人だけが島にたどり着いた。

若くて美しい女性だった。

彼女は衰弱していたが、彼らが献身的な看護をし、彼女は徐々に健康を回復していった。

彼女がすっかり元気になったとき、男は彼女を例の夕日見物に誘った。

全員で浜に座ると、その日はまた、夕日がきれいで、雲も輝き、暖かく穏やかな風がふき、

男はまた特別な感情におそわれた。

男はとうとう我慢できなくなって彼女に寄り添って囁きかけた。

「よかったら犬を散歩に連れて行ってくれない?」


  

 面白かったら、『ブログランキング』よろしくお願いします。  

 クリックをお願いします↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トムは自転車が欲しくて毎晩... | トップ | 泥酔者が騒いでいた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。