無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

頭から湯気が出ている艦長に

2014年10月08日 | 面白画像

史上最強の敵

第二次世界大戦中、ある戦艦が霧の中を航行していると、その巡航コースにスポットライトが突然、浮かび上がった。
艦長は危険を察知し、無線で緊急連絡を入れて叫んだ。
「前の船、左に進路をとりなさい!」
その直後、相手から無線で応答があった。
「何を言うか。そちらこそ右へ進路をとりなさい!」
艦長は憤慨して再度、叫んだ。
「私はこの船の艦長だ。もう一度言う。左に進路をとりなさい!」
「私はただの船員だ。とにかく、右へ進路をとりなさい!」
言うことを聞かない相手に、艦長は真っ赤になって怒鳴った。
「き、貴様、この船はただの船じゃない。戦艦だぞ!」
「その気になれば、いつでもお前を沈められるんだ!」
「貴様、砲撃されたいのか!」
頭から湯気が出ている艦長に、無線機から落ち着いた声が響いた。
「あー、そこのアホ艦長、よく聞いてくれ。」
「な、何だと!」
「あんた、灯台を砲撃するつもりかい?」

 

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっぱいの大きな金髪美女を... | トップ | 落ち武者の集団が流れてきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。