無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

インスタントコーヒーは日本人の発明

2015年05月07日 | 面白画像

現在のコーヒー普及のきっかけを作ったインスタントコーヒーですが、発明をしたのが日本人であるということは意外と知られていません。
1899年、加藤サルトリ博士は、コーヒーを一度液化してから、真空蒸発缶に入れて水分を除去し粉末にするという、真空乾燥法に成功し、インスタントコーヒーを発明しました。ところが、当時の日本ではインスタントコーヒーの販路がなく、彼はアメリカへ渡りシカゴで加藤商会を設立。その後、ニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカ博覧会に、その製品を出品・販売しました。
しかし、サルトリ博士は特許をとっておらず、1903年に別の方法でインスタントコーヒーを作った、ジョージ・ワシントンが特許をとり、幻の発明者となってしまいました。


 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歓楽街を歩いていると、ポン... | トップ | 綱吉は内分泌系異常の小人症 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。