無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

不倫カップル、局部が結合したまま離れず病院送りに!! 黒魔術のパワーか!?=南アフリカ

2015年03月05日 | ニュース

不倫カップル、局部が結合したまま離れず病院送りに!! 黒魔術のパワーか!?=南アフリカ

 アフリカ諸国には、現在も呪術信仰が根深く残る。そのため、都市部であっても「赤ん坊が瞬時に大人になった」「魔法で性器が盗まれた」等、我々の常識では理解に苦しむ見出しのニュースが大々的に報道されることがある。そしてまた一つ、今度は南アフリカで、「性交中の不倫カップルが結合したまま離れなくなってしまう」という恐るべき事件が発生した。しかもその原因が、"黒魔術"によるものではないかというのだ。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/03/post_5908.html】

 先月27日、英紙「The Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、事件はヨハネスブルグ市街にある賃貸アパートの一室で起きた。その日、サシャ・ンゲマさん(34)は、夫以外の若い男ソル・コボーザさん(22)との情事を楽しんでいたが、セックスの最中に"膣からペニスが抜けなくなる"という事態に陥ってしまったのだ! 無理に引き抜こうとすると激痛が走るほど、両者は固く結合していたようだ。悶える2人の叫び声は、付近一帯に響きわたっていた模様。

「最初は、絶頂の喘ぎ声ではないかと思ったんです。でも、助けを求めて叫んでいるのだと気づきました。心配になって中に入ると、身体を重ねたままの男女が、すすり泣いているじゃありませんか」(近隣住民)

 事態はあっという間に市井に広まり、驚くべき事実も判明する。なんと浮気に気づいたンゲマさんの夫が、妻の局部を呪うよう呪術医(サンゴマ)に依頼していたのだ。そして、不倫カップルが結合したままになってしまうという症状は、呪術医がかけた「Muthi」という黒魔術の効果そのものだった。やがてアパートの周囲には、2人の様子を一目見ようと2,000人もの野次馬が押しかけてきた。さらには、混乱を懸念した警察も駆けつける事態へと発展。群衆を沈静化するため、唐辛子スプレーまでもが用いられたという。

「どうなっているのか、みんな興味津々でした。(このような呪いについて)耳にする機会は多くても、実際の光景は見たことがないですからね」(地元住民)

 その後、不倫カップルは到着した救急隊によって何とか引き離され、病院へと搬送されたようだ。地元メディアからコメントを求められた呪術医のマサボ・モフォケン氏は、「女性の夫が戻って来るまでは、誰一人として彼らを引き離すことはできないはずだ」と黒魔術のパワーについて力説したとされる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立ち小便に悩む独ハンブルク... | トップ | 最近、思うんだよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。