無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

金精神さまの御神体

2015年04月16日 | 面白画像

神様の夜ばい

 むかし、ある村長の家に、かわいげな一人娘がいたそうな。

年頃なので、似合いの婿殿をもろうたが、婚礼の夜に死んでしもうた。

それから何度も新しい婿殿を迎えたが、なぜか、初夜の床で死んでしもうた。

 あの娘は、顔に似合わず魔性もんだと云う悪いうわさが立つと、

う婿に来るものはおらなんだ。

 ある日、旅の男が、村長の家に一夜を願って寄った時、

村長から娘の不幸を聞き、

「そら気の毒なことや。わしが婿になってしんぜよう」。

 村長も娘も喜んで、さっそく婚礼の式をあげることになった。

男は前の婿殿が、

みな男の一物を食いちぎられて死んだことを聞いていたので、

村の氏神に

「金精神(こんせいじん)さま」

という鉄で出来た男根が祭ってあるのを思い出し、初夜の床の下にかくしておいた。

式がすみ、いよいよ床入りすることになったが、娘はうかぬ顔であった。

 「なに、少しも心配はいらん。嫁御は存分にわしに抱かれればええ」

というて男は、娘の口を吸いながら胸元を広げると、

白桃のような豊かな乳房がでてきた。

今度は乳房を吸いながら腰巻きをめくり女陰(ほと)を撫でると、

ピクン、ピクンと腰が動き始め、

尻を高く上げて「アハーアハー」とすすり泣くような声が漏れ出した。

男はここぞとばかりに金精神さまの御神体を嫁御の女陰に「グイッ」
と差し入れた。

「ガリーッ!」と歯の折れる音がした。男は「よしよし、うまくいったわい」。

それから御神体を入れたり出したりこね回したり、すると歯が全部取
れてしもうた。 

それから二人は仲むつまじく一夜を明かしたということじゃ。

 おさまらないのが金精神さま、

「ええ気持ちやった、ええ味じゃった」と、

あの時の味が忘れられずに、

夜な夜な村の美しい娘のところへ夜ばいに行くようになり、

村じゅう大騒ぎになったそうな。




 

↓のキーワードをクリックしてみて

 

梅雨対策 紫外線対策 旅行 母の日
野外レジャー ゴールデンウィーク 子供の日 父の日
バスト 硬いペニス 娘と関係をもって ヤギと関係を
淫売宿 下半身 熊狩り 一目惚れ
オバマ大統領 沈没 強姦 結婚
携帯電話 彼女の足を開いて シュワちゃん ケダモノ
太さ10センチ 口で 快楽 そそ
お姫様 カリ首 せんずり 野外レジャー

 

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 針千本 | トップ | 死んではいかん、なおる、なおる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。