無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

僕の恋人は、美少女シリコン人形 ― 男のうつ病を改善させた、人形との甘い生活とは?=中国

2015年05月28日 | ニュース

僕の恋人は、美少女シリコン人形 ― 男のうつ病を改善させた、人形との甘い生活とは?=中国

 1980年代、「キャベツ畑人形」という人形が流行した。顔や服装によって6,000以上の種類があり、それぞれに名前と誕生日が付いたカードが付けられて送られてくる。本来は子ども向けだったのだが、子どものいない夫婦や老夫婦が購入して我が子のように可愛がるという話をよく聞いた。今回ご紹介する話はその中国版と言ってよいのだろうか――。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/05/post_6417.html】

■うつ闘病中にネットで見て一目ぼれした"娘"を即購入

 宋渤(ソン・ボー)さんは中国、天津に住むゲームデザイナーだ。数年前に激しい頭痛におそわれ、医者に「くも膜のう腫」と診断され継続的に頭痛に悩まされているという。彼は将来、結婚する事も家族を持つこともできないと考えるようになり、ひどく落ち込み、うつ病になった。

 その後、宋渤さんは家に閉じこもり、ひたすらネットを見る日々だったがある日、オンラインストアで2,200ドル(約26万3,000円)の「ラブ・ドール」を見つけたことで、病が改善し始めたという。この人形はシリコン製で身長は145センチ。大きさとしては小学校高学年くらいだが、重さは20キロと本物の小学生よりはかなり軽い。宋渤さんはその人形をすぐ気に入り購入。名前は「小蝶」と名付けた。

 宋渤さんは小蝶を連れてどこにでも行く。スーパーマーケットはもちろん、レストランや映画にも連れて行き彼女のチケットもちゃんと購入し、食事も二人分注文する。彼女との日常を撮影するのが彼の趣味となり、さまざまな場所で写真を撮影しているが、1枚のショットに最低30分はかけて小蝶のポーズや自然な見え方を決めるという。

 また、145センチと小柄な小蝶のために洋服や靴はすべてネットで買い、時にはオーダーメイドすることもあるという。その努力のおかげか、写真の中の小蝶は生きている女の子のように可愛らしい。宋渤さんは実家に母親と住んでいるが、母親は小蝶の事に文句を言わないそうだ。

■ネット上では既に有名人

 宋渤さんは中国では有名で、彼の微博(ウェイボー:中国版ツイッター)には毎日多くのフォロワーが訪れる。彼についての記事も中国国内はもとより欧米でも多く「うつ病の中国男性がホンモノそっくりの人形を娘のように扱う」という見出しの記事がいくつか書かれている。どの記事も「家族を持てない男性が人形を娘のように可愛がる」という微笑ましい話題として彼を紹介しているようだ。

 だが宋渤さんの微博では小蝶が下着姿でセクシーなポーズを取ったり、シャワーを浴びる姿が写っており、「親子」関係と呼ぶべきかどうかは微妙である。宋渤さんにとって小蝶は、時に娘、時に恋人のような感じなのだろうか。

 小蝶を抱きかかえて街を歩く宋渤さんには、周りの人の容赦ない好奇の視線が注がれている。中にはただ凝視するだけでなく、色々とぶしつけな質問をする人も多いらしいが、宋渤さんは一向に小蝶を外に連れ出すのをためらわない。小蝶がうつ病の回復に役立ったのは間違いなく、宋渤さんは理想の女性をついに見つけたのかもしれない。
(文=美加リッター)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クジラ襲うシャチを撮影 知... | トップ | 不倫に誘われやすい女子の特... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。