今日まで、そして明日から

自転車初心者のきまぐれ日記です。
主に鎌倉方面へのポタの記録をのせていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

疲労困憊、湘南平

2011-04-17 10:26:14 | Weblog
今日は、快晴

昨日はうす曇ときどき晴れで、気温が25℃を超えるぽかぽか陽気。
散り行くさくらの景色を求めて、金目川CR、湘南平へと出かけた。



9時出発。風が強く埃っぽくて、景色がかすむ中を、134号で花水川河口まで。
金目川CRに入り、すぐに花水橋。
橋から撮影してみた。
下流方向

上流方向


水曜日あたりだと満開のさくらが満喫できたはず。年休とって来るべきだったか?
湘南平へは、この橋のところで曲がれば良かったのに、さくらに気をとられて、
そのままCRを進んでしまった。

ところどころには花の残っている木も。


これは、ソメイヨシノとは違う品種かな?


新幹線の線路をくぐったあたりで、左手に見えるはずの湘南平がどこにも見えず、
前方には平野が広がるばかりなので流石におかしいと気づいて引き返しました。

湘南平入り口を見つけて、登り始めます。遠くから見ると、それほど高い山には
見えず(実際、高くない)、また、湘南地域の初心者自転車乗りが最初に訪れる
場所ということで、ちょっとなめてました。

登りはじめると、すぐに桜並木です。やっぱり水曜日に来れば良かったかと思いながら、



角を曲がると、まだまだ坂は続きます。



写真撮るために止まっているのか、休むために止まっているのか



この後、長い直線の登り坂のところで、心は折れてしまい、手押しでゆっくり登ります。
疲労困憊で、年配のハイカーの方にも追い抜かれていきます。
こんなはずでは・・・。
あたりには、杉だか檜だかも枝を伸ばしており、花粉症の症状がひどくなっている
ようにも感じます。

もしも、このブログがなかったら、このあたりで引き返したことでしょうが、
あとでブログに上げるのに、頂上の写真がないのではお話にならないということで、
ぜいぜい言いながら登ります。前を歩く小学校低学年の女の子2人組みは、
全然疲れていない様子。

だんだん、小高くなってくると、景観が開けてきます。





写真を撮っていたら、女性ローディーが颯爽と登っていきます。手押しで登っているところ
を抜かれなくて良かったです。

なんとか、湘南平山頂へ。


と思ったら、ここは駐車場で、もう少し登ったところが山頂でした。



ソメイヨシノは、半分以上散っているようですが、白のさくら?が満開で、
お花見のお弁当をひろげている人達もいました。





展望台から見る景色も素晴らしかったです。







湘南地域の初心者用自転車コースとのことなのですが、私の場合は
いつの日にか、足をつかずに一気に登れるようになれるとは到底思えません。
景色は素晴らしいので、登りの辛さを体が忘れたころに、また来ようと思いました。
(なかなか、忘れません。湘南国際村もあれっきり登ってないし。)

帰りはヘロヘロになって、江ノ島で休憩し、逗子で休憩しで、やっとのことで、
15:00帰宅。

そういえば、先ほどの女性ローディーは2人で登ったらしく、頂上で会話しているを
見かけました。
「この位の坂なら、なんてことはないですね。」「言うじゃない」「まあ、長い直線の
ところがすこしきつかったかな」

うーん。私の体のどこかに不調があるのかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花見日和-その2- | トップ | 少しは進歩の、湘南国際村 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
FXは初心者だけど (FXは初心者だけど)
関連記事としてトラックバックさせていただきました。