のんび~り*きままに

12年に渡る介護生活が終わりを日々想う事を綴れたらなぁ~。

命日に向かう日々。

2017-06-14 17:07:56 | 日々の諸々
何だか暑かったりうすら寒かったりとへんてこりんな陽気の日々。

とうとう?というのかいよいよというのか1周忌までのカウントダウンが始まったなぁ。と思う日々。

今年に入ってというか4月くらいかなぁ。
去年の今頃は何してたかな?と介護ノートやデイサービスの連絡帳を読み返しては涙。
最期は父にとって最善だったのかな?と自問自答してみる。

先日ずっと年賀状だけのお付き合いだった元同僚と呼ぶには年上の方ですが父が亡くなった時にお電話を頂き会いませんか?と言われていたのを実行しに行ってきました。

そして20年近く前と同じような時間を過ごしましたが父の介護の話しはやはり受け取る人に依っては大変な事に思えるのね。と感じました。

介護をした事のない人に父との生活を想像するのはなかなか難しい事なのだなぁ。と痛感しました。

状況は違っても介護した事ある人なら想像できる事も介護した事がない人にはものすごく大変でしかないことになるのだなぁ。と今更ながらに思いました。

家族にとってはその苦しいなかにも楽しい事もあったというのをわかってもらえないもどかしさというのかな?
でも父が引き合わせくれたご縁なのでまた涼しくなったら会いに行ってこようかと思います。

去年の父の日はケーキを食べていたのに今年は何で父はいないのか?と思いそうなのでその日は外出してしまおうと決めました。
土曜日に私たちと食べて日曜日には妹が買ってきたケーキを美味しいとたべていたのになぁ。
そしてとうとう命日がやってくる。
もっと寂しくなりそうで怖いです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命日に向かう日々。 | トップ | 11回目の月命日。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の諸々」カテゴリの最新記事