蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

展示品

2017年06月30日 | いろいろ


明日から三香園富貴蘭展です。
10鉢準備しました。もうこの時間には並べられてるはずですね。


先日紹介した虹の誉は、ちょっと変わった七宝の鉢を合わせました。




幻日は黒崎先生が絵付けされた、大切な鉢に入れました。








太白嶺にはシンプルな古鉢





苔とシダがいい感じでしょ。


天明にはモダンな欅鉢を






白桃冠には一見欅鉢のようにも見える、古鉢を合わせました。







ちょうど花が見頃ですが、斑を見るのには邪魔かな?


夏炎梅は、今年の花は本咲きしてませんが、ちょうど見頃なので、
個性的な鉢を合わせてみました。






綾風には風通しの良さそうな鉢を。






薫風には薩摩焼きの華やかな鉢を。






白翁には年末の上野で買った古楽鉢。






これだけはあまりにも苔が汚かったから植え替えたのですが、
やはり植え替えたばかりでは展示には向きませんね。特に古鉢とは合わないです。

今回はこれで勘弁してもらおぅ。なんて自分に言い聞かせて鉢合わせ終了。
誰も文句なんて言わないんですけどね。

10鉢の鉢合わせには、4時間かかりました。
決して暇な訳ではないですよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円窓 | トップ | 翠扇 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。