蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

伊勢矮鶏の白縞

2016年10月18日 | 富貴蘭(縞)


こちらが昔々からある伊勢矮鶏から芽変わりで出た「伊勢矮鶏の白縞」です。
白と言っても黄白で、ちょうど都羽二重に似た縞です。









ですから細い縞は白く見えますが、太いと黄味を帯びます。
こちらは全体に細かい縞が入った株ですから、白く見えます。



こちらの木は粗い柄ですから、ちょっと黄色っぽく見えますね。







覆輪で完成すれば、御旗のような感じになるのかな?

見てみたいですねぇ。

愛知で大量栽培されてる紫苑さんの棚で出たもので、もうある程度の月日が経ってますが、
和歌山で変化した「伊勢矮鶏の縞(聖代の縞)」よりは後から出たのだと思います。
「白翁(長生殿白覆輪」もそこで出たんですよね〜羨ましい!

最初の株、細かい柄で作るのには良いのですが、離れて見る展示会ではちょい派手くらいの粗い柄が入ってる方が見映えがします。



バラバラに割っちゃおかな〜そのためには植え替えねば。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 錦秋 | トップ | 日輪富貴 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お尋ねです。 (くんたろう)
2016-10-18 22:39:34
都内在住の愛好家です。いつも、すばらしい作品、分かりやすい解説、楽しみにさせていただいています。蘭国さんが解説された本も愛読しております。富貴蘭の芯止まりについて、ご指導いただきたく存じます。
縞ものなど豆葉を100鉢ほど栽培しているのですが、まれに、芯止まりが起きます。栽培環境は、風通しのよく、乾いたら、真夏も含め、春から秋まで朝か夕方に水やりのたびに、5000倍の液肥と活力剤を与えています。光は、午前中は数時間直射、昼からは50%の遮光をしています。
芯止まりの原因、予防法をぜひ、教えていただけないでしょうか。
蘭国さんは、植物の生理にも精通され、富貴蘭栽培の第一人者と業者さんからも伺います。ぜひご指導いただけたら、ありがたく存じます。長々と申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
Re:お尋ねです。 (蘭の国の住人)
2016-10-20 00:41:44
くんたろうさんこんにちは

富貴蘭の芯止まりの原因を大きく2つに分けると、
病気と生理的なものとが考えられます。

病気は細菌によるものとカビによるものに分けられ、
細菌の場合には抜けた葉の付け根の臭いをかぐと、
腐卵臭のような不快臭がします。
この場合は軟腐病に効く薬を使います。

それ程の臭いは無いものの、急激に腐敗が進むようでしたら、疫病に効く薬を使います。
予防散布する場合には、両方に効果のある有機銅剤がいいと思います。

今回のが病気かどうか、コメントだけでは何とも言えませんが、
感触的には病気では無いような気がします。

環境や全体の管理の問題でしたら、全体の生育に問題が生じるはずですから、
そういった状況でないなら、その株に何かトラブルが起きたと考えられます。

根も傷んでなくて、芯が死んでしまう原因は夏場の水不足が考えられます。
天葉が枯れずに芯止まりとなる場合は、特にこの可能性が高いと思います。

文面からは、かなり条件の良い場所で、我が家よりもはるかに手入れが行き届いてるように見受けられますね。

私が富貴蘭栽培の第一人者だなんて、とんでもない話です。

このブログでお分かりのように、我が家は放任栽培で、傷みまくってますから。
これからも悪い事例を紹介していきますから、参考にしてみてください。
ご丁寧にありがとうございます (くんたろう)
2016-10-20 06:23:22
大変、勉強になりました。いろいろな要因があるようですね。

もうひとつだけ、教えて下さい。液肥や水分が芯に残るのは、よくない、水分が蒸発して肥料分が濃縮されたり、夏場は高温になった水分が芯止まりの原因になる、と複数の愛好家の先輩に聞いたことがあります。このため、高額な木では、ティッシュで芯の水分を吸いとる人もいるとか。科学的な根拠があまりないように思うのですが、この真偽について、蘭国さんはどうお考えになりますか。

あまり神経質にならないように、蘭と付き合っていこうと思います。これからも、ブログ楽しみにしております。これからも、ときおり、ご指導いただければ幸いです。
Re:ご丁寧にありがとうございます (蘭の国の住人)
2016-10-21 21:07:45
芯止まりになる程のことかどうかは分かりませんが、
確かに芯に水が溜まることはありますね。

これが悪影響を及ぼす可能性が無いとは言えませんから、
気になるようでしたら吸い取った方がいいかもしれません。
ずぼらな私はやったことありませんけど。

基本的には、そんな心配のない時間帯に水やりをするのが一番だと思います。

それと、野生のフウランは水がたまりにくい姿で着生していますが、
様々な形の富貴蘭の中には、溜まりやすい草姿の品種もあるはずです。
吸い取るのは高価な品種というよりは、そういった品種にしてあげたいですね。

質問はいつでも気軽にしてください。
ただ、答えられることはお答えしますが、コメントに困るような質問はアップせずに
無かったことにしてしまうかもしれませんけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。