蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

緑彩宝覆輪

2016年12月10日 | 富貴蘭(豆葉)





縞の緑彩宝が覆輪に移行した個体です。
世の中には何本か存在するのではないかと思いますが、展示会では見かけたことがありません。

まだ成木にはなっておらず、母体が緑宝ですから、仕上がればなかなかのクオリティーの品種になると思います。
斑の色もキレも申し分ありません。









世話が出来てなくて子供が枯れてるような状態で、この勇姿ですから、きっと、もっと、ずっと良くなることでしょう。

ずいぶん前、広島の多賀万仙園さんの展示会に初めて遊びに行った際、上柄の縞の三本立ちの状態で入手しました。

ピーク時の凄い値段から、ジェットコースターが下り落ちるように、価格が急降下してる最中でしたから、
「この値段で買ってくれる人なんて、日本中探しても一人もいないよね」とおっしゃるので、
「ここに一人いますよ」と買ってしまいました。

初めて行って何か買わなきゃと、ちょっとカッコ付けてしまいました。
確か給料3ヶ月分くらいだったような・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水晶寒蘭展 | トップ | 室戸錦 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豆葉覆輪 (銀蔵)
2016-12-10 15:08:36
バッチリ決まってますね~(^_^)緑彩宝の覆輪こんな完璧に決まった木ははじめて見ました。
素晴らしいですね!
ちなみに錦麒麟の覆輪も見た事は無いのですが、覆輪がバッチリ決まった木はあるのでしょうか?
Re:豆葉覆輪 (蘭の国の住人)
2016-12-10 23:39:08
銀蔵さんこんにちは

錦麒麟の覆輪は2つ見たことがありますが、どちらもかなり派手目でした。
緑彩宝よりもはるかに覆輪に決まりにくい感じがしますね。

でもいつまでも夢の品種であり続けるものがいろいろ存在しないと、
この世界つまらなくなってしまいますから、その方がいいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。