蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

キバナノセッコクの矢伏せ・翠三蝶

2017年04月20日 | セッコク・キバナノセッコクなど


セッコクは古矢を切り取ってミズゴケの上に伏せとけば簡単に高芽が出てくれますが、
キバナノセマッコクの方は、基本的には切り取って矢を伏せてもなかなか芽が出てくれません。
出ても生育途中で古矢が力尽きるのと同時に枯れてしまうことが多いです


ですから切り取って矢伏せではなく、切り取らずに根付きのまま株分けして、矢立てします。

さて、この翠三蝶は昨年根をしこたま傷めてしまい、高芽がいつくも動き始めていたのを、
根付きのままグルグル矢伏せしてあったものです。









うまく良い苗がいくつも出来ました。





おそらく一度高芽を取った矢からはもう出ないとは思いますが、貴重な品種なので、
小さな芽のついた矢と一緒に未練がましくまた植えてみました。










伏せると場所取るので、またグルグル矢伏せです。
また出てくれたら、いいブログネタになるんですけどね〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西鶴~大株の植え替え | トップ | 月の雫 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。