蘭の国から

自生地や我が家の蘭の生育日記など

あの時のキバナノセッコク

2016年12月28日 | セッコク・キバナノセッコクなど



今年自生地を見に行った時に教えてもらったあの斑入りの株が、
3つあるから一つくらい作っとけと言うことで、先日我が家にやって来ました。



ちょうどあの時撮影した株のようです。
後くらみするタイプですが、この時期でもしっかり柄は残ってます。







白縞は花にも柄が出ることが多く、神衣は縞花で、星降神苑は赤鼻のトナカイ的な色彩の花を咲かせます。
この斑は葉面の凹凸の激しい打ち込み状の縞ですから、普通の花が咲くことはまず無いと思います。

小枝に着いた状態なので当面はこのままにしといて、春先には鉢に植えてあげようかな。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年の瀬の庭 | トップ | 金牡丹(天) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羆からの青について (羆くん)
2016-12-29 14:17:58
今年一年間ブログ大変楽しませていただきました。有り難うございました。また来年も宜しくお願い致します。

今年最後に質問をさせて下さい。
先日、讃歌さんのブログ、月光羆(16.5.24)に『羆グループの証でもある深紅の花茎』を見つけました。羆から出た青も羆グループに属すると思いますが、深紅の花茎が出るのでしょうか?
また、深紅の花茎ではない木は偽物でしょうか?
教えて下さい。
Re:羆からの青について (蘭の国の住人)
2017-01-02 01:27:47
羆くんこんにちは

羆の花茎は綺麗な赤だったと思いますが、
ただの青葉になれば泥勝ちな色だったように思います。
月光羆は柄の影響で赤いのだと考えています。
確か親木は月光羆ほど赤くは無かったと思います。
記憶が曖昧で、間違ってたらごめんなさいね。
来年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

セッコク・キバナノセッコクなど」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。