晴れたり曇ったり

夫のステージⅣ 切除不能進行食道癌の闘病記録と旅立ちからの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決心

2017年06月30日 | 旦那の旅立ちからの日々
今日は、快晴でいよいよ夏がくるかと半袖の服をダンボールから出してみた。

先ほど、粉骨業者さんが来てくれて
旦那のお骨を預け明日には、粉骨にして届けてくれることになりました。
ネットで顔も見ない業者に依頼するのは嫌だったので
札幌市内で安く粉骨してくださるところを探して直接お願いしました。

桐の箱に入れてもらうことと少しだけキーホルダーに入れてもらうようにお願いしました。
「父さん、明日までちょっと寂しいけど我慢しようね」


ずっと迷っていました。

年末に引っ越してきたこの部屋。
旦那の為に買ったコタツ、空気清浄機、加湿器、厚手の絨毯。
通院するのに寒いだろうと買ったダウンコート。

凍った道、雪の中待ったバス亭。
帰り道に見上げた冬の空。
病院にいる旦那を思い泣きながら見た月。

その全てを思い出すこの土地で冬を迎えることができるだろうか・・と。

この家に越してきてからの旦那の病状は、みるみる悪くなったと思えてならない。
別のところに引越ししようか・・。
お金もかかることだから慎重に考えなくては・・。

どこに住もうか。
札幌のほうが仕事には恵まれている。

母親が入居してる特別養護老人施設のある実家のあった町に戻ろうか。
札幌育ちの旦那は、札幌を離れて寂しがるだろうか。

何が一番ベストなのか・・と考え続けていました。

一時は、札幌市内の別のところに引っ越して仕事をしていこうと思い
派遣会社の登録をして紹介された会社に面接にも数回行き
7月10日からの仕事を始めることにも内定しました。

ですが・・何度もバスに乗ったりJRで都心へ行き来する度バスやJRの中から見る景色。
旦那が放射線治療に通ったバス亭。
入院して旅立った病院。
一緒に散歩した道。
買い物したお店。

何を見ても旦那とのことを思い出すものばかりで涙を必死にこらえるのが精一杯の私です。
こんなんじゃ札幌のどこに住んだって思い出す。
この街には、旦那との27年間が詰まっているのだから・・
その中で一人暮らしていくのは辛すぎる・・と。

今日やっと決心がつきました。
ここを引き払い実家のあった町に暮らして
旦那の供養をしながら母親を少しでも近くで見守ろうと決めました。

目標や目的が決るとあとはそれに向かって進んでいくだけなので
気持ちがちょっとだけ晴れやかになった気分です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狂った10年 | トップ | 揺らぐ弱さ »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (モンコママ)
2017-06-30 21:24:32
昨年 私も 28年ずっと連れ添った 旦那さまが癌でなくなりました
子供にも恵まれませんでした…
岩見沢在住です
旦那さんは 札幌がんセンターから 最後は清田の緩和ケア病院で亡くなりました…
私も 昨年 遺骨を粉砕にして頂き 未だに手元供養のまま 何もできずに ほぼ引きこもってます
なんとなく 似てるように(自分勝手にスミマセン)
コメントしてしまいました…
モンコママさんへ (蘭)
2017-06-30 21:57:47
初のコメントありがとうございます。
岩見沢と言えばすぐ隣町ですね。
何となくではなくとてもよく似ていますね~。

私も気が済むまで手元供養しようと思い粉骨することに決めました。
そして引篭りになる気持ち痛いほどよくわかります。
一人ポツンと部屋に引篭り、ただただ過去の回想をして涙を流し
ひとつ・・またひとつと・・旦那の使っていた物を捨てながら
言いようの無い寂しさや悔しさに胸が引き裂かれそうになってはまた泣き
どうしてもっと早く旦那の病状に気付けなかったのかと自分を責め続け
どうしてあの時もっと優しくできなかったのかと後悔し続け
悪いのは私なのだから神様はどうして私に死を与えなかったのかと
今更どうにもならないことを延々と考え続ける・・その繰り返し。

それじゃいけないと必死にもがきやるべきこと、やらねばならぬこと、生き続けること
ただそれだけを毎日考えるように気持ちを切り替えてみる日々です。
それでも私は弱く、もろく・・心は揺れます。

モンコママさん
北海道の冬は寒いです。厳しいです。特に岩見沢は雪も多いから大変ですよね。
今のうちお日様にパワーをもらい冬を乗り越えましょうよ。
外に出るのです。
私も頑張りますから・・思いは一緒ですから・・
共に乗り越えていきませんか。
泣き言、愚痴何でもいいです。いつでもコメントくださいませm(_ _)m
Unknown (Unknown)
2017-07-01 14:03:27
蘭さま、モンコママさま、皆さんと私も同じです。

お仏壇の中にお位牌は入れましたか、まだ納骨もできず、横に主人はいます。

私は、主人を在宅で看とりました。
家の中の物全て、主人との思い出のものです。
私も自分のせいで、主人は病気になり、はやく逝かしてしまったと毎日毎日、考えています。

夢の中に主人出てくるけど、いつも元気そうに見えて、すぐに具合い悪くなったり、また常に私自身が、主人の体調気にしています。

悲しくて、辛くて、切なくて、
仕事に復帰しましたか、まだまだダメな自分に向き合う日々をおくっています。
私は、何も決心できなくて。
ダメですね。
Unknown (一華)
2017-07-01 17:13:45
どうしておられるのだろうと案じておりました。
蘭さま、決めたのですね、そして歩まれるのですね。
思いでの詰まった札幌を離れる事も、手元供養される事も、なんだか微笑んで納得されてる様な、そんな気がします、ご主人様は。
今までは二人で決めていた事も、こうして一人で、それも大きな決断をされました。
止まってなんかいない。
素敵だと思います。

新しい土地で、次のあなたの一ページには、幸多き様にと願っておりますm(__)m 幾重にも。
yuu.sho2049さんかな? (蘭)
2017-07-01 17:35:48
それぞれ環境が違うので自分なりに納得できる時が来て納骨をするでもいいと思うのです。
回りがこれから先の供養をするわけじゃない。
ずっと供養し続けるのは私たちなのだから私たちの思いのままにしましょうよ。

仕事に復帰されて頑張っているだけでも私から見るとすごいと思います。
働き続けることを決めたのも頑張っているのも貴方です。
何も決心できてないことはないです。

今はまだ辛い日々が続いているのは私も同じ。
けれどもがけるだけもがいて手探りで闇の中を歩きながらでも
きっと光差す道が開けると私は信じたいのです。
一華さんへ (蘭)
2017-07-01 17:46:51
久々のブログ更新になってしまい心配されているだろうなと思っておりました。
自分の気持ちが定まらず揺れてばかりいたのでまた泣き言ばかりになりそうで書けませんでした。

さきほど粉骨してもらった旦那のお骨が届いたので祭壇も片付けて
旦那の遺影も部屋の中でのお引越しを済ませました。

これからまた田舎へ行ったり来たりして住むところや必要な手続きで
バタバタする日々が続きそうですが忙しいくらいのほうが私には良さそうです。
反対するような親族も居ないので私の決断ひとつで全てが決る。
これからもそうして生きていくことへの第一歩ですね。
気張らず穏やかな気持ちで過ごせたらいいと今はそれだけを願っています。
お返事 ありがとうございます! (蘭さん)
2017-07-01 22:19:28
お返事 嬉しかったです…
私達 夫婦は子供も出来なかった(私の方に問題ありだったんですが)
私を責める事もなく その分 夫婦2人で楽しく 毎年旅行したり ワンコを飼い可愛がり 本当に普通の夫婦より いろいろ劣るとはおもいますが…
笑って暮らしてました

まさか40代で末期癌になってしまうなんて…
想像もしませんでした…

おじいちゃん おばあちゃんになっても…
せめて あと数年でも…一緒にいたかった
ワンコまで同じ様な癌になり昨年1月 亡くなり
看取らないと死ねないと言っていた旦那さんは
そのあと 3月に亡くなりました
悲しくて 悲しくて 何処に行っても 思い出す事ばかりで…
辛いですよね
一年以上経ちましたが 寂しさは ますます増しています
蘭さん
ゴメンなさい 一方的に書いてしまい(T ^ T)
ありがとうございます。 (yuu.sho2049)
2017-07-01 22:27:42
蘭さま
ありがとうございます。
泣き言ばかりいつも書いているから、名前書かなくてもわかっちゃいますね。

仕事に出る事。確かにそこだけは、私が唯一前向けているのは。

主人と同じ会社です。ずっと共働きでした。子供が生まれても、主人にも保育園の送り迎えをしてもらって。
だから、主人が倒れてからは介護休職してました。

今年定年退職だった主人。
主人の同期が、定年退職式に望む姿を見て、私は複雑です。
最後まで勤めあげたかっただろう。
私は主人の思いを背負って、なんとか勤めていこう。それだけ思ってます。
モンコママさんへ (蘭)
2017-07-01 23:15:25
ご主人とワンコを同じ時期に亡くされて辛さは倍増ですね・・。
私の引篭りのきっかけもワンコの死からでした。

私たち夫婦と本当によく似ていると感じています。
我が家もワンコと16年一緒に暮らし、私の息子が一緒に暮らす前までは
ワンコと旦那と私だけの生活でしたから、どこへ行くにも一緒でした。

ご主人もワンコも同時期に亡くなられて一人になったらと想像すると・・
しかもまだ40代なんて私ならどうだろうと考えると・・涙が止まりません。
辛かったね・・
一人でよく頑張ってきたね・・

私もそうだけど涙ってやつは枯れるってことを知らないようで
いくら月日が経とうが流れてくるもんだと思います。
だから泣いて泣いて泣き叫んで涙が止まった時は前を向く。
また泣きたい時には大いに泣く。
そしてまた涙が止まった時には新しい何かを始める。
その繰り返しでも私はあがいてみる。

後悔ばかりの私のつぐない。
これから残された私の人生は旦那へのつぐないの時間です。
モンコママさん一緒に少しづつでも前を向いて生きましょうよ。
人生それほど悪いことばかりじゃないんだと思いたいんです。私。
yuu.sho2049さんへ (蘭)
2017-07-01 23:33:17
やっぱりyuu.shoさんで当たってましたね~(笑)
人違いじゃなくてよかったわ。

何かひとつでも前を向けていることが素敵なんですよ。
お仕事頑張ってご主人の分も定年まで続けてくださいね。

誰かと比べるとよけいに辛くなります。
悲しみが増します。
悔しさで下を向いてしまうよね。
私もそうでした。
いえ・・今でもそうなのです。

必死に自分に言い聞かせています。
残された私に何かの気付きを与えているのだと。
だから引篭りにならないよう自分に渇を入れています。

yuu.shoさんも泣き言ばかりと言わず
どんどん泣き言を書いてここに発散しちゃってくださいね。
それで貴女の心が少しでも楽になるのなら私は嬉しい。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。