頼成(らんじょう)の森だより

富山にある「県民公園頼成の森」
森の総面積は、115ha。
日々の「!」写真を中心に、ありのままの今をお伝えします。

雪から「もや」が立つ

2017年02月23日 | 森林

午前は、気温が8度を超え、風がある。
雨模様だから杉花粉はない。
低地の雪原には「もや」が流れ、幻想的な風景に。
空気が雪面に触れると「もや」になり、風が見えるようになる。
除雪で盛り上げた雪の上を、集合・離散・渦巻きで舞う風。
残念なことに太陽がないから写真には成らない。
午後、気温の低下とともに消滅した。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨水 頃の 花しょうぶ

2017年02月22日 | 森林

雪も残りわずか
木々の芽吹きは未だ
野鳥の声はしない
静寂に包まれた晩冬の花しょうぶ園
時々散歩に訪れる人もある
味わい深い季節ではある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南高北低 いいね!

2017年02月19日 | 森林
 
南高北低の気圧配置のおかげで、朝から明るい陽光が!
杉林に光と影のコントラストが鮮明に浮かぶ。
この時期の移動性低気圧は、太平洋側の日照時間を下げ
日本海側の日照時間を上げるらしい。
美しい花を咲かせるために、この日差しを待っていたのは
「チューリップ」と「花しょうぶ」。
  ● 4~5月 砺波チューリップフェア
  ● 6月   頼成の森 花しょうぶ祭り
後悔させない、広大で感動的な花絵巻が繰り広げられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里山歩き

2017年02月17日 | 森林
   
NPO法人 こすぎ総合スポーツクラブきらり主催の「里山あるき」がありました。
        
昨日は快晴で、雪が階段にも十分あった。
ところが南高北低型の気圧配置のお陰で
新鮮な雪がシャーベット状の雪に変質してしまった。

このため、かんじきやスノーシュー体験を止めて
長靴による遊歩道散策をに切り替えました。

雨の日の里山歩きは、滅多に無いことなので
皆さんは、とても満足そうでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南高北低型

2017年02月16日 | 森林
    
今日のような南高北低型の気圧配置は、夏に多い気圧配置で
高温の晴天が続くパターンらしい。
空は少し、もやっているが、暖かいから贅沢は言ってられない。
ヒマラヤユキノシタが雪から顔をのぞかせた。
 まん丸の雪解け模様に、少し寒そうな花の色。
 意外な組み合わせに「ん? !」

丸椅子の雪が帽子型から饅頭型になり
アカマツの幹を照らす光もさらに強くなってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スノーシューで山野を駆け巡る

2017年02月12日 | 森林

鳥取県程ではないが、頼成の森も久しぶりに雪で地面が見えなくなった。
管理事務所のある森林科学館では、スノーシュー+かんじき=50セットを
保持しており、園内で使用する方には、無料で貸し出ししています。
2日前の2/10日(金)には、尾根の遊歩道には雪が無く
スノーシュー+かんじきを予約していたグループがキャンセルしてきた。

ところが、今日は新雪が山盛りで、時々日が差すなど
これまでの鬱憤を吹き払うような冬らしい日になりました。
雪が多すぎて困っている方には申し訳ないが
「青島公民館」の皆様は、とても幸運の持ち主です。
 
雪山歩きの楽しさを堪能して、帰途につきました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マツクイムシ被害予防の研修会

2017年02月08日 | 森林

富山県砺波農林振興センター主催の
マツクイムシ予防薬剤樹幹注入研修が行われました。

松枯れの原因は、目に見えるマツノマダラカミキリ(体長18~28mm)ではなく
目に見えないマツノザイセンチュウ(体長0.6~1.0mm)が原因の伝染病だとか。
マツノマダラカミキリは、単なる運び屋にすぎないようです。

薬剤を樹幹注入すると、数年間樹幹内で、マツノザイセンチュウの
侵入・増殖を抑制し、松枯れの発症を予防できるらしい。
 
直径42センチのアカマツで施工方法の確認をしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の森中探検

2017年02月05日 | 森林

森松講師と一緒に森を楽しむ。
  本日の予定 
  ①かんじき または スノーシュー で雪上歩行体験
  ②積雪期しかできない動物の足跡観察
  ③寒さをしのぐ自然の知恵=木々の冬芽観察
  ④研修室で復習の後、キノコ汁で暖まる。
 
 最初に、和かんじきやスノーシューを履くことから始めました。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春(1917)

2017年02月04日 | 森林

昨日 2月3日は、節分の豆まきの日で季節の分水嶺
今日は文字通り「立春」
すっきりと晴れ渡り
薬師岳(2926m)は、堂々たる山容を見せてくれました。
これから、着実に暖かくなっていくと思うと
心も浮き浮きしてきます。

頼成の森の林内遊歩道の雪は、残りわずか。
「かんじきで歩くなど」冬の楽しみも急がないと出来なくなってしまいます。
日当たりの良い尾根部では既に雪の全くない所も出現!
今は、春を待つ楽しみと、冬を失う寂しさの交差する季節です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪解けは根元から‥

2017年02月01日 | 森林

雪は降り止むと、せっかく積もった雪が、どんどん融け始める。
先月の23~24日の雪は予想より多く、少し驚いたものの
その後は、今冬予定分を降り終えたと言っているように、まとまった降雪が無い。
お陰で木の根元の無雪リングは、どんどん大きくなっている。
小さな木でも、同じように無雪リングが発生し
同じように日々大きくなっていくのは、雪と木のお約束ごとのようで面白い。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雪遊び

2017年01月28日 | 森林
 
    ゴールドウインの皆さん       親子腕白自然教室の皆さん
久々の大快晴
雪があって天気が良いと、何もかもが美しい。
頼成の森の遊歩道は、尾根道が大半なので
かんじきやスノーシューが不要なほど
積雪が少ないとのことでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の おもてなし

2017年01月25日 | 森林
     
今年の雪は降る気が無いのかと思っていたら、なんと!
一気に降り出して、結構な量となりました。
今はフワフワ雪で軽いけど、雨が降ると重くなりそうです。
雪は木の枝や葉にベッタリ着いているから
水を含んで冷え込むと、雪折れや倒木が多数発生するかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹スキー

2017年01月22日 | 森林

今日は、竹スキーを作り、広場で試走する日。
自作の竹スキーに乗る気分は格別のようです。
子供たちの適応力は高く、滑走距離がどんどん伸びました。

竹スキーの組み立て材料一式を手渡してから作業開始
主な作業内容は、竹を板にネジ止めし、靴固定用帯を着け
バーナーで竹を暖めてから、反りをつけると竹スキーの完成。
    
「真竹」は竹の厚さが薄く節間も長いから、スキー材料に最適。
しかしながら、あり余っている「孟宗竹」でも全然問題がない。
ただ、反りをつける時、肉厚だから折れないように竹の裏表を十分加熱してから曲げること。
   
靴の大きさに、ぴったりと完成しました。
傾斜した芝生広場がゲレンデに変身し、積雪の状態も固からず柔らかからず。
室内では退屈そうだった子供たちは、野外では思いっきり滑りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降水量の無い「みぞれ」「小雨」

2017年01月21日 | 森林

「わくわく写真」グループの皆さんは、頼成の自然や野鳥などを求めて来園されました。
現在の頼成の森の積雪は、15センチくらいでしょうか。
雪は連続して降らないと、ふわふわ雪がザラメ雪に縮んでしまう。
今シーズンの雪のように、時々降ってもらうと実害もなく雪見が楽しめる。
今は、長靴で林内散策が楽しめます。

砺波市のピンポイント天気予報では、降水量の無い「みぞれ」「小雨」となっている。
傘を差しても差さなくても、どうでも良い空模様。

今朝は、明日の「自作の竹スキーに乗ろう」開催準備のため、
滑走コースを雪踏みして平に整備した。
だから、コース保存のため、今日から明日にかけて
雨だけは降ってほしくない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孟宗竹と遊ぶ

2017年01月20日 | 森林

右端は、22日(日)9:30~開催、「自作の竹スキーに乗ろう」の竹スキーの完成品です。
お金を出せば、比較的安価で立派なスキーが入手可能にもかかわらず、今年もたくさん応募いただきました。
田舎くさい竹スキー手作り会に賛同し、参加していただけるのは、とても嬉しいことです。
市販品のスキーは滑走面が滑らかで、固定具もしっかりしていて、滑りは安定しています。
竹スキーは、短く、固定具は簡易な帯なので不安定な面もあり、滑りこなすには「慣れ」が必要です。
参加されれば、それなりの醍醐味が味わえると思います。
 ※ なお、「自作の竹スキーに乗ろう」の参加申し込みは、締め切りました。
 
頼成の森では、孟宗竹を使った器作りや鉢づくりなど行っていますが
今回初めて孟宗竹製の風車を試作してみました。
そよ風でも良く回りますが、生状態→半生→乾燥 と竹の含水率が変化すると
竹の重心が変化し、回転が不安定になることが判明。
また、乾燥の過程で竹の形が逆に反り返ることも、さらに竹琴では音色が激変するなど
作ってみないと判らないことが、多々ありました。
この性状の不安定さが、孟宗竹の利用を妨げている原因なのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加