一日一蟲 

徒然なるままに『蟲』への思いを綴ります 

キイロクビナガハムシ

2017年05月16日 | ハムシ


『今日の蟲』は、【 キイロクビナガハムシ Lilioceris rugata 】 です。
「鸚哥舎」の傍に生える、[ ヤマノイモ科 ] の植物上で見つけました。
10日程前に、「成虫」を見つけていたのデスガ、今日、ヨウヤク撮る事が出来ました。
その [ ヤマノイモ科 ] の葉には、「幼虫」の姿も見る事が出来ました。


黄色くなくとも 【 キイロクビナガハムシ 】 とは是如何に・・・・・
生時の色味と違う色に変色した標本によって、標準和名が付けられた事により、
標準和名と「色」が違う『蟲』は結構あります。。。
[ シロスジカミキリ ] の「白筋」は、生時は「黄色」ですし、
[ モンキアゲハ ] の「紋」は、生時は「白」です。
では、【 キイロクビナガハムシ 】 も 標本 になると、「黄色い」のか・・・・・
いえ・・・・・生時の「赤褐色」が、曇ったような色になります。。。


属名のうち、[ Lilio ] が、[ ユリ ] を意味しますが、
コレは、この属の多くの種が [ ユリ科 Lilioceae ] の植物を食している事に由来するのでしょう。
また、種小名は、「 皺 (しぼ) 」 意味しますが、
コレは、「烏帽子」の地に装飾的につけられた「皺」の事だそうです。


キイロクビナガハムシ Lilioceris rugata 鞘翅目 ハムシ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough + FD-1



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨコヤマトラカミキリ | トップ | ツツジコブハムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。