ダメオタRの徒然雑記
ダメオタRankeが大好きなアニメ・漫画・ゲームの感想を、「“良かった”探し」をモットーにつらつらと書いていきます
 



 無限に繰り返される悲劇は、聖なる夜の闇に轟く慟哭の叫びと共に──

[魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ]

 今回の粗筋
 はやて・シャマルに内緒でクリスマスプレゼントを渡しにきたなのは達が、シグナム達と出会ってしまい再び戦いへ。戦いの途中、先の戦いも使用されたバインドが再びなのはを拘束。フェイトが仮面の戦士を発見したものの、死角から「もう一人の」仮面の戦士の攻撃を受ける。仮面の戦士はその場にいた者達全員をバインドにかけ、闇の書の残り60頁をヴォルケンリッターのリンカーコアで埋める。仮面の戦士達はその姿をなのはとフェイトに変え、転移させてきたはやての目の前で、ヴィータを消滅させる。慟哭に震えるはやての、内に秘めた魔力が覚醒し、銀髪の妙齢の女性に変身。絶望の嘆きを口にし、巨大な魔力弾を生成する。

──以上


 正直、自分の見識の甘さを実感せざるを得ませんでした。仮面の戦士が二人組だったとは……。
 さて、ここで予想というか状況から考えられる事実を組み直すと、仮面の二人組は

1.リーゼロッテ/アリア
2.夜天の魔導書を改編した際に組み込まれた、ヴォルケンリッター達とは別の実行プログラム

 の可能性が出てきました。また、二人組というのもフェイクで、最初に現れた仮面が本物のクライド、という線も捨ててませんけどね。
2の予想については、当のヴォルケンリッターよりも今の(改編後の)魔導書に詳しく、その魔導書の復活をわざわざ後押しするということは、より「闇の書」に近い存在、つまりは改編した本人かそれに通ずる者、改編の際の真実を垣間見た者……色々考えられるからですが……まぁこれだと登場が急すぎるから違うでしょうな。


 リーゼ達だとすると、以下の台詞が鍵になるかも

「闇の書の主の目覚めの刻だね……」(偽なのは)
「ううん……因縁の、終焉の刻だ……!」(偽フェイト)

 偽フェイトの「ううん」の返事の仕方が、いかにも女性っぽい!というのは差別かな?

「因縁の終焉の刻」つまり、無限に転生し無限に破壊を続ける闇の書の輪廻の輪を砕くという意味で捉えて問題ないかと。そして、その目的のためになら、当代の主やそれに纏わる人々を悲しませるのもやむなし、というまさに今回のなのはの「悪魔で、いいよ」の精神に通じる物があるのかも知れません。
このままではこれからも際限なく生まれ続けるであろう悲劇を、自分たちが悪を全て被る代わりに止める──今回だけでも充分なドラマなのにこの上更に盛り上げようというのですか……。

// 追記
◆クロノサイド
クロノが何か調べ物をしている画面の中に、グレアム提督の顔が。管理局員がわざわざ同局員の人間を調べるということは、過去の経歴か何かを見ているということか。クロノにとって、グレアムは自分の師であり長である人間。それを調べるということは、何か掴んだ/掴みかけてるのでしょうかね。

◆二人の仮面の正体・裏付け
 リーゼ達が仮面の戦士の正体ではないかというのは上で書きましたが、戦い方からも類推可能でしたね。魔法担当と物理攻撃担当。これは人に言われてようやく気付きましたが……。リーゼ達も、魔法担当とフィジカル担当で分担してたので、これはもう決まりかな?
// 追記ここまで

◆覚醒したはやて──闇の書?
「また、全てが終わってしまった……
 一体幾たび、こんな悲しみを繰り返せばいい……?
 我は闇の書──我が力の全ては……主の願い、そのままに!」(はやて/闇の書)


 漫画版における裏設定の一つに、闇の書が400頁を超えると、管制人格起動の条件が揃うというものがありました。
また、闇の書の独白の中に、
「我は闇の書
 かつての姿と名 いまはもはや無く
 遠からず時は動き出してしまう
 そうなった時 我が騎士たちや 我が主は 我を呪うだろうか
 此度はいったい どのような形で 我は目覚め 力を振るうのだろうか
 そして 誰がどのようにして 我と主を破壊するのだろうか
 願わくばその時が たとえ僅かでも先に延びるよう 祈るばかり
 我は闇の書
 破滅か再生か いずれかにせよ
 我はただ その時を待つばかりなり」(闇の書:コミック版ReportⅢより抜粋)


 この台詞から察するに、9話最後の台詞と、闇の書の独白は同じ人格によるものと考えていいでしょうな。
 さて、このままでいくとなのは・フェイトは限界突破の戦いを強いられるでしょう。レイジングハート・エクセリオンモード、ヴァルディッシュ・ザンバーフォームの出番になるは必定か。
 そして闇の書の封印か消滅か、それを意図した装備のアルカンシェル及びデュランダルは、本当に闇の書の無限転生を止められるのか。盛り上がったまま、続く!








-------------------------------------

はやて@闇の書の
  _ _ ∩
( ゜∀゜)彡 おっぱい!おっぱい!(余韻台無し
 ⊂彡



コメント ( 0 ) | Trackback ( 53 )



« 感想:D.C.S.S... 感想:Canvas2... »