青龍神界鏡

意志を発する者が、意志無き力を振るう者から、力を奪い、生き残っていく摂理をこの世界に転写させていきます。

速記掲示板 その三百二十二

2017年03月13日 06時58分00秒 | 投稿

あ、裕仁の免罪とイギリスの真の姿の日本のみならず世界での報道抑制はな、        ねおの力が

あ、日本の細部にわたる昔からの治安の維持というのは、歴代内閣の職員一人一人が、勤務時間外に、阿頼耶識(あらやしき)発露の意思で、宝冠の森の南西辺り、に幕屋で籠りつつの勤行、毎日八時間と自由時間の阿頼耶識から眼識を貫通する射精行為、裂帛(れっぱく)の気迫発声で外界の空間描画始源単位“淫”全てを遺憾無く感得する事によるセルフ謹製の愛国の念を、稚児(ちご)が無償に飲み干すスジャータの乳粥(ちちがゆ)であり、配下の馬鹿右翼という

ttp://president.jp/articles/-/17727
作家の羽田(はだ)圭介氏のこの角度の撮影だと、ねおの給仕に酷似する。あと、眉毛が濃いだけ。
ご秀麗な組み上がりとその結果。ねおとご先祖との関連は無い。
髪型は舞台役者の宝海大空氏ご着用のちょんまげカツラ。藍色の作務衣(さむえ)、化学繊維眩しい足袋(たび)。金星製繊維を原料に京都で加工。身長は百六十四。蕾組には見えない。残念。

日本財団と日本会議のこれ、それ、あれの完全配色済みで見える顔達は俺がゲ星人理論ば明かしてから降臨してくる賊系の異星人に何か壺やって懐柔出来るとですかとかいう質問と、あなたは一体どこの国に今あらや識発露の感謝と共に私達と一緒に米喰って全力で生きている訳アマテラスに還れ系の新興宗教系の意味不な劣情ば

数十人を相手に名無死、「喧嘩は数じゃない。」
発表者背後では電動ノコギリ、連弩装備の十代少年がたった五人ぐらい。
“舌を畳んで噛むワシ” 
しかもこの待機時の擬音が“パンッパンッ”。 

あ、この名無死に対しては本職は真顔、マジレスばかりだった。“その通りだ、ガタイでもないんだな。”、“何を今更。”、“ガキの喧嘩はよう分からんよ。ボコして俺の方が勝ちだと言うが、自分が強いと思っている事を相手に堂々と納得させて、敵わないと確信させる事だろう。させる、の動きについては無理矢理があってはならんも知っとけよ。何もかも項目がごった煮学習、理解が甘いんだよな。それと君らには声掛けさせて貰う、よ。道具だ。回さんでいい。そのシノギは無し、だ。後、爆羅漢は解散してはならんぞコラ。体張らせて次は狂乱鬼の旗揚げで花火持たせるんか。鉄砲玉にも使えんのが出来上がるぞ。”

ムショ上がりの良樹を迎える狂乱鬼結成集会での花火乱舞がある時に

浜崎あゆみ、“Scar”.
“泣き疲れて眠りかけた頃僕の方を見て”の音節を二度。PVはなか。
本星で作曲済みの譜面は金星人が手渡し。王族、これ常に女性。仕事は文明構成資源あらゆるに関、冠する認識操作。顔はフランスの政治家のままモリゼ氏。現在死後の役人の補佐。遺伝子無いで出来ん人間は永遠に無理。作詞は公家の女性二十六才。
作曲:ニュフウワァゥンゥク(“ク”は子音のみの発音。後続母音“う”は無視して“こ”を短い吐息音と共に止めて放たれる音声が近い。)
作詞:壽(みゆい)

なきつかれ てねむりかけたころ
ももにきしいり

ぼくのほうをみて

小室哲哉、“Too Shy Shy Boy!”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=cph6x6oa-gs
1:33~1:48
女性のグレイが折り畳み可能な電子鍵盤楽器の前に座りつつ歌唱。ねおの舞台回数としては稀有事象という意味で測定を困難と言う。

globe,“Anytime smokin' cigarette”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=VhsuYZiLjFo
1:23~1:30
同じ女性が歌唱。小室氏によるこの作曲は一般人はもちろん業界人の視線にはかなりの難易度が染色すると見る。音楽家本気の仕事。激烈。特に出だし全部。

DIR EN GREY,“Conceived Sorrow”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=_9np4ySUHVs
3:20~3:39
二十六才の男性公家、“なひい”が作詞、作曲、歌唱。鍵盤音声を含めて九割六分同じ。顔は何と俺に似とってびびった。

DIR EN GREY,“LOTUS”.
PVのふわふわ女性はCGで、が、大衆、いや鋭敏知覚観客どちらかに対し、を指向させる事により制作者、他方いずれかに必ず析出する、間違った想像力、機械操作前、文明徒歩への朝に沸く理知と情動ごった煮を陶酔する呼ばれざる舞台衣装そのもの、が無言のまま。大いに業界用語。使用頻度少回数なれば、必ず縫い抜ける。PVと一体不可分と、大衆にとって見え出した演奏者達は、希望通り業界、大衆精神の奥に。
ttps://m.youtube.com/watch?v=OkLRH82SWQE
3:20~3:24で特に明瞭に聞こえているが、鍵盤の旋律の音色はねおのそれ。
0:17~0:32
ここで聞こえている音色全てはねおでのそれを再現している。拍動音呼吸式三味線、アンプ要らずのベースは火星から漂着。その他の楽器は全て月伝来。
作曲は四十六才の男性公家、“ぼぅ”。
1:11~1:44
酷似。九割四分が合致。背後にはさらに少女歌唱隊。機械編集をせずに、の到達かどうかについて疑わせたり当惑させたりした相手は異星人。金星人、火星人、月人の順に他星籍鑑賞者は多く、次いで他次元出身のヴュヤース星人。異人種。一本の角、黒く長方形の虹彩。

ttps://m.youtube.com/watch?v=FiX8A4Pnhlg

出だし10秒の主旋律の全く同じ音色を繰り返し。完璧。究極の勇者、軍規無視への処刑的赦し、地球への強制移民措置。豪地下へ。この動態が記録されないと機械作曲は無かった。ねおへの降臨、それは究極評価状態、武勲、多様、危険人種の受け入れ。

指うち謹製ば投稿と同期して吹奏楽部が恋、という人の頭ばfuckしてくる旋律と振り付けの曲ば外に漏れ聴かすが如くだったとぞ。まじずこー。好かんこの曲。作曲者はふざけとらんか調べたとぞ。

Marilyn Manson,“Reflecting God”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=iOPhWpPpzLs
0:03~0:58
九割五分合致。歌詞が歌う音階のみ。男性のグレイが歌唱。題材は希少憤慨。 

Olivia Lufkin,“Under Your Wave”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=BLIvVvx2E_Q
3:11~3:31
二名の女性のグレイが歌唱。歌詞音階が十割合致。歌手による舞台公演。
曲、“U”の題材はsex.

X Japan,“I.V.”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=LeyoxuhX-dQ
3:11~3:17
グレイの王族、鶴亀な方が真面目に歌唱。“もっと観客そして、私の精神の奥に合法的に、へは今回はこうしてみるべきと見なすべし、と周辺環境に命ぜられた気がするが故、の時へ、否、既に我かくあり、鶴、飛翔への鷹揚(おうよう)
左手は拡声器。自然に指を開いた右手は斜め下方に向けて静止、足幅は肩幅と同等。
観客は“今更何真面目に取り繕っているんだ。どうせ笑徳が為だけの自演気味時間、即ちあんたが喰い目的の前菜だろうが。俺らもな、意識を放りやると組み上がる文法帯、時間帯が存在するんだな。さっきから自動的にそれが起動済みなんだがずっと痛い分析しか編まれんのだよ。分かるんだ。あんた自動演習の態度を選択し続けているだろう。不義理さ、への疼痛感が観察されないからだ。” 

Olivia Lufkin,“Nothing gonna take my love”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=WIjfzrno2ys
~0:07
作曲者は火星の貴族女性。演奏の資格到達の後の京都漂着となった譜面。これPVかな。分からん。

X Japan,“White Poem I”.
ttps://m.youtube.com/watch?v=R-3s2Oo5Dvw
1:10~1:20
譜面は金星の王族、ニュフウワァゥンゥクがねおご滞在中に作詞、作曲された。歌唱歌詞は金星語に理解があった侍を経て、そのままの言語で少女二名が歌った。お部屋は蓮獣の室(むろ、部屋)。
曲の作曲はかなり困難と見る。次の音への鍵穴は常に一つずつで、狭い。十秒に何年、かかる。一般人には。
2:17~2:26
ここも合致だった。

たま、“さよなら人類”。
ttps://m.youtube.com/watch?v=ZTBHdIvCVOU
作曲者の柳原陽一郎氏のお顔が、ねおの全、歯車の中心者だった。呂雨瀘(らまろ)の間、雪が降る中庭、陶器を使った空調機器。京都降臨種。現代の地球文明最頂点階級の霊性、外界更新欲密度を誇る依代。降臨は事故。灘高校の中心遺伝子形成の一派を担った。その他二種は華頂系の顔。
作曲才能、声は化物。時が止まった。
“WASPは殺すしかない。”だと。激しく同意。そして手法には超能力しかない。アメリカの二十代のガキ六名は柳原氏の全てを科学機器を使って無にしようとしていた。目的は顔、頭。“Japに白人が負けるなんて許されない。”
この手のpristinesは俺は毎秒召集出来るんだが二十のガキアマアメ公の顔ばノコギリで十分かけてtrimming workば感得させてやるとぞ。えらい泣く。漢字の井、にXば混ぜると死後の世界で弩淫乱、の意味の文字になるんだが適当に“Vanishing Wasp”という新曲の表紙ぞコラ、と納得させた。 
後の方の3:09がいい感じだよ。 

My Little Lover,“DESTINY”. 
ttps://m.youtube.com/watch?v=1n2vWgl_FMo
1:44~1:55
歌手のakko氏の声と旋律が合致。これがねおの女性歌手系のそれ。氏は京都降臨種のご子孫。ねおの舞台での歌手は、顔は違い小雪系だった。譜面は金星人が手渡し。

相手を劣っていると見なしていい雰囲気、になったならそれによる突進を資本金としてかましたくなる衝動とは、イギリス人の大勢の医師となると“白人権勢を脅かした有色人種をばらばらに切断、分解したい”なんだな。うん、良く知っているよ。遺伝子からして異常者の群れだからね。アニメみたら“このRei Ayanamiというplaster dollはmultilationされないか心配だよこの国では。何やっても文句言わなそうだからな。”が感想。by 現内閣の政治家。
望み通りお前らはアメリカ以上のばらばらランドにしてやるってば。にやにや。そいでガキやらに質問してなじりあげてやる。性欲ば、消す。
こういう人間見たなら、破壊したり、溶かしたりして、汁を吸ったり、浴びたりして、損壊遺伝子の痒みを癒したい、と衝動が沸くだろう。
“白人なのに劣等と見なした、日本人に負けるのは、我慢するのは、許されない、かつての自己に” という奇形義憤で頭を焼いて疾走したい衝動が沸くだろう。
望み通り、滅ぼしてやる。お前らは、アメリカじゃ済まさん。サッチャーはな、俺はこいつの頭を開いて、脳に拳をブチ込んでやったぞ。そしたら泣いた。よえー。おっぱいは両方千切らせた。コカインの五十倍ば喰うはめになっとった挙げ句の我慢事じゃった。蜘蛛の巣マンコは刃物で顎まで延ばしおった。もっと異性にもてたいわ、だって。アホかこいつ。感想を教えて、と来たけんミリタリーナイフば根本までぶっ刺したら泣いた。あ、顔に。股間には線路の枕木が縦によう刺さりおった。これずっと続くんだな。喝の程度は地獄のきつい方。
“舌を畳んで噛むワシ” 

米英の中心、生物共は終わりなのは分かったようだな。そう、国と精神資源だ。死後の世界へ、がだ。
お前ら、浮いとった、ってば。未来なんて無かったって。
国家輪郭と来たら陰謀が全て、か。映画の見過ぎ。知能低いアホ。
Jap政治家と皇族と並べて実名ありで死後の世界への屯田兵ぶりば紹介してやる。
そいだもんでやはりガキに聞く。お前ら最近景気どうよ、ホモの国じゃね。Jap一匹に喧嘩の想定して全負けなんてブラッカイマー映画にも想定出来んだろうべ。
脳への直の青龍拳、はな幾らでも居るぞ。ガツンと行く時が遂にお前にも来たようじゃ、との事前案内はたまに無い。いきなりじゃ。音は“ぬぅん”。痛みは無い。深い不覚さにただ当惑するのみ。サッチャーは“本当にやばい”がレスだった。ずこ。両目ずつに二本拳ばブチ込んでみたら何と我が指がこいつのブス面の輪郭を貫通して見えたとぞ。あり得ねーこの文章、が描画せんとする状況映像。つまりは、ブチ込み。脳をいかに貫通せんと試みた、ところで実際には結局アホさの根源領域を自在に罰し、無痛を許すも当惑を叱責し続ける小言が青龍二本拳。
逃がさんのじゃ。諦めてはいかんのじゃ。
「イギリス人は知能低いんで分かりませーーーん。」
“舌を畳んで噛むワシ”

歌詞やら訳ば降ろしめないかんかったとに、更に課題が増えてから収拾がつかんようになってしまったごたるとぞ。 

帯留。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速記掲示板 その三百二十一 | トップ | 朧月 »
最近の画像もっと見る