青龍神界鏡

意志を発する者が、意志無き力を振るう者から、力を奪い、生き残っていく摂理をこの世界に転写させていきます。

速記掲示板 その二百八十

2016年10月11日 02時08分39秒 | 投稿

これ旨いあるよ。
ttp://www.suntory.co.jp/whisky/premiumsoda/?fromid=001

近衛のスレ持って来るとこれは重いし、結をあっさり詳しく知るのも詰まらんだろうべ。
あいつの家に一人で土足で上がって行った時に儂が持っとったdeviceはな医療メスに麻酔じゃ。金星技術と月製。
 
それと北海道のブナ製の高級品の長細く小さいサジ、京都製の高級の鏡じゃ。皇族御用達の舞妓が、伽(とぎ)の前に見る。
心を、つまり頭を開いて貰ったとぞ。
異星人知見に従わせとったこいつは欲求に従う筈なんじゃが、喰わんかった。だけん目ん玉に愚かさが入っていったとぞ。そいでから会話じゃ。何でお前はそんなにアホなんか。言え。
こいつは脳を、棒を押した。会話で析出するこいつの地位権能、社会的まともさ、体裁維持力があったからじゃ。
こいつは儂には、利用されを気付かんまま昇天しおっとった。 

負けかけ、なら六回ぐらいあったな。何で盗聴されとるか分からんでの絶望。異空間技術。小型画面を送りつけられた。再生しろや。そしたら部下が目を抉られおる。忍者に佐渡(さど)に誘拐されとった。その他婦女子の誘拐。紫禁城に目ん玉やら人肉、後で死体を送りつけてきおった。皇帝の側近やら法律顧問は発狂しおっとった。行方不明になった部下は月に誘拐されとった。
雪男風貌のな生物兵器がな、清の平均的風貌の六才の全裸の女子が四つん這いで泣き喚く
姿に、後ろから乗っかろうとする、今で言う写真をな、清の頂点者一人、つまり儂だけの閲覧を求める体裁で近衛一人が郵送してきおった。 
人間と動物を、他の星の、火花を銅線に通す術の発展を、透明石、画面で眺望しながら合成した、奴隷か犯罪人だろうと思った。写真は合成じゃったが、気付かんかった。写真は月由来で、兵器は本物で少女は清の地下に月人に誘拐され、月に移送されとった。
儂は時が止まった。 
儂は口を動かされた。
国を守る、矛と、守れぬかどうかを調べる、書の厚さの鋭さを知っておるか。 
京都はな、勝利を確信しおっとった。始終じゃ。
異星人人脈があったからじゃ。ねおから延びた糸じゃ。
近衛に聞いた。お前は口を動かされた事はあるか。
無い、だと。
何やこいつは。 
おかしい。何故、儂と相対がなったのじゃ。
原因は後で分かった。日本語圏が非意図的に得意とする、常時繁茂刺激に対する常時喫食癖じゃ。
覚悟も無いままの欲望追求を駆動させしは、近衛配下の平民達に流入せしねおの空気が根元にして、近衛台頭の下駄。

ワシの喝はな、顔面金バはただの挨拶じゃ。こんにちは。
高次存在には正座させてから画鋲ば底面に全部刺す。そいでから何とサーフィンじゃ。いてーのと視界が心地よいのとで頭がいかれるんじゃ。 
人間ちゃんはな、基本的な事が何も出来んけん、昔も今も好き勝手していいんじゃ。
どの程度が出来んでムカつかれとるんかと言うとな、標高はな好きな女子の前でアニメキャラの真似をしつつそのアニメの主題歌ば歌うな、ぐらいの理由を分からんじゃ。アホぞ。殺すぞコラ。
ひっかるーくーもーをつきーぬけ♪
上の者ならな、この手の非常識はすぐに分かるんじゃ。色ついたエクセルのセルじゃ。一発じゃ。うぜーこいつら。時何ぞ与えんでいいんじゃ。
だけん勝手に誘拐じゃ。気合い入れて資料ば出せ。お前を生まん為のな。
ワシはな、馬鹿右翼ば見つけてから限界まで怒らせる。
そいでから右翼説法ば開始させてから停止出来んようにする。
そこで、だ。
全然無痛の電動のこぎりで弩正座、激怒説法の馬鹿右翼の脳天ば裁断する。
股間までいったならば、ゆっくりくっつき出す。気持ちわりー七三分け眼鏡。そいでからもう一遍脳天からかます。
「聞きなさい。あの時の国際情勢ではね、侵略何て無かった。みな進出だったんですよ。日本兵は礼儀正しくて有名でね、東南アジアでは軍神として崇められているんですよ。」
全然聞かんでから脳天からぐいーーーんと機械音。こいつの本心は、止めてくれよ、痛くないけど何か不吉なんだよ。
説法が、完了時に知る。
説法の内容が陶酔的ならば喰らった喝の痛みを後で全部感得する事になるのが常だと。
本心の意識での、卒業挨拶文だったならば、痛みとは無縁。無視じゃ。
だから、馬鹿右翼は完了時に絶叫する。ただの憑依人生でした、が本音。
もう一度、本心の宣告の時を、猶予を下さい。
また馬鹿右翼説法をかまし出す。
電動のこぎりぐいーん。
そいだもんでこれが五イニングぐらい続く。喝の痛みは激増していくのみ。
全身爆裂の破裂痛が七万年ぐらい続く。超暇。
ちなみにこの手の汚物を放っておくと必ず周囲に迷惑をかける。そして何も学ばない。処刑を待つだけのいつまでも廊下をうろつく低劣な小学十二年生。邪魔なんだよ。

こんなゆびうちできるかこら。

Langleyの随想。もわもわとした木琴の音。
うちが送りつけられている映像なんてな、ヤクザに徳を高しめさせられつつ笑顔やら、牛とfuckしつつ、これが中東の緊張の打破策、後ろからの突然のsticking. そんなに中東の因習ごとにstickするな、いやほう。

うひょーLangleyおもしれー。画太郎の三角の口キャラ。
hakujinには敵わねー。

死後の世界ねー、詰まらん、よ。下らん、よ。みーんなパイセ喰らいまくり。同類の雑魚の共喰いはどこでか。遍在なるそこらで。何でも知る事が出来る。そいで、ただでは済まん界。学校一の美人の裸、何ぞどうでもよくなる。だってみんなそんなの無視で超修羅。あーゆびうちだり。

全宇宙の力の頂点に立っての感想、か。編まねばならん。めんどくせ。忙しいんじゃ。
人間、女とは馬鹿。動物以下。以上終わり。

修羅度が上だったのはな、今生より前世だった。もう分かるんだ。一対四。

条件を満たして、知的蛮性指数を備えてこれやったならお前、宇宙を統べるぞ、は踏破しとる。
大学生で、シウバ倒せ。ずこー。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速記掲示板 その二百七十九 | トップ | 速記掲示板 その二百八十一 »
最近の画像もっと見る