青龍神界鏡

意志を発する者が、意志無き力を振るう者から、力を奪い、生き残っていく摂理をこの世界に転写させていきます。

速記掲示板 その三百二十九

2017年05月14日 04時22分57秒 | 投稿

さっき目ん玉ぶっ刺しマンセー親分ご隠居の会席動画ば拝見致した。目ん玉ぶっ刺さった。
ワシはこの人のスレの直参とだったけん色々拝見する度にぶっ刺さるもんがあったばってん、それが毎度連写式でから肝心な事ば忘れとった。
動画で思い出したがこの人も、ワシのスレの直参だったんじゃ。
ご移動は避けておられるお立場との事だが、以前触れた東京でのスカした足取りにご関心、マンセー気味のご様子。
肝心な事、ぶっ刺さり、この人もワシのスレの直参、へのマンセーを表明すべく足取りを探らねばならん。
何かマンセーな事ばぶっ刺す所存。

ttps://www.youtube.com/watch?v=DuQ5cPiFGXM&spfreload=10
ハングライダーでの飛翔動画。
全部は見ていないとですが、眺めと滑空感が素晴らしいとの数秒判定。全画面表示かつ、音響ば電気屋で何か調達してから、スカした銘柄の氷水ばストローで飲む。暴スレ周辺の些末な謎、あいつ携帯はあの時持っとらんかったから、集合に遅れた、つまり上への礼節を保とうとしたから連帯責任喰らった、んじゃないのか、どうかが過去の非言語領域から消える。

あ、空中飛翔ぐらいは俺の簡易表現ではみんな出来るよ。みんな飽きとる。これ必ず。説明だり。
俺も飽きた。
マンセー親分なら飛翔何ぞ余裕判定。

建築業界、の棚にある新築、奇抜照明、高層物件の特集雑誌は当たりだった。本屋にある。
新築居酒屋、和風旅館、庭園、テナントビル。
くせー街並み視野の記憶、雑感が押し流される。説明だり。

http://blog.goo.ne.jp/rankansan/e/40666687a0dd5af162d5010869ca4980
慶ばしい、つまりマンセーなぶっ刺さり事の、続きを知ろしめるとすると、眞子Cの当時のお気持ちは、肉体生理由来興奮との決別、の為に通学由来の徒歩理知資源を降雨させる際の近接距離での失笑、を中和するには“保守的な皇族の交際のあり方”やらを登用してから、“この距離に於いてもまだ、何と親しい友人と、謎の相手との間段階”と無理矢理据え置く事で、必ず起きるであろう周囲からの撮影に対する、再度の無理矢理抗弁、予定を先に朗読する事で、無理矢理据え置き時の滑稽さ、に溶けた飴を流し込み、失笑を固め、遂には興奮との決別経済を精神内で堂々と発表される、との事じゃったがチンポはまだしとらん。
お相手ば登用しての手淫、脳内ガチ回数は総計十六回とぞ。しかしお相手による眞子Cの登用回数とは二回。
“そういう相手ではない”だって。
何だと“メガホンスパーン”。
居酒屋行った後旅館行ってから、酒が軽く入っとる所、後ろから動かす、回がびくしく振幅が大きかったとぞ。
たった二回はな、両方共正常位じゃ。一回は眞子Cにスカート、普段着ば着せたままじゃ。やたら膝ばがっしりと捕まえとる。“柔らかそう”だと。
眞子Cの口淫想像はな、不敬だけん想像の試行が六秒だけで止めとる。しかし眞子Cとしてはご遠慮無く壁際で裸でお座りの所の開脚時に使役しておられる。膣から上先端まで全体へがお好みにあらせられた。
まあ今回は性的に良く働いた。誉めてつかわす。
対面座位時でから眞子C自らのご想像でかなり大きい前後振幅を、骨盤以下のみ、に厳しく任せおったらあまりに淫乱判定に達してから恥ずかしげに苦笑いしておられた際のお相手には至らなかった、のは予定していた精神の性交がまだだったからとの事。
これはもう、今風の女子大生としての性習俗としては十分に中央分布帯に達しておられるとだけん、伽(とぎ)は十分相手に満足を与えていく意思を既に自らが持っている、と見なしていいという世間の声を頂けると察する。
ご想定のdick lengthは十六・七センチと、以降の夜の営みについて大いに大望を抱いておられる。
一方、お相手による想像となると眞子Cの陰毛がなか。“想像描画がめんどくさい”。色やら緒元はネットから材料ば輸入しとる。
とにもかくにもこの国では何もかんもが貫通しとるとだけん、色んな心配や生理由来の欲望些末があったとして即応性に応えるべくの時代風潮とあっては、貫通の後の知ろしめに際しては臆する事無く対面座位での骨盤以下への大きな前後振幅、で眞子Cとの精神の性交判定に達するべくの大いなる大望各種を既に抱いておいて欲しい。
こう、オールジャパンでのお二人への祝福にとっては重要な事ぞこれは。

帯留。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速記掲示板 その三百二十八 | トップ | 速記掲示板 その三百三十 »
最近の画像もっと見る