** Diary **

沖縄から日々のあれこれ

介護食って難しい

2017年07月01日 | 日常のつぶやき
義父の介護食は、退院後から義母が朝ミキサーにかけて作ってます。
私が調理する訳ではないのですが、義母が試行錯誤しているのを見て
「難しいなぁ」と感じました。

赤ちゃんの離乳食のような物ではダメなのです。

義父が「ノドにかかっている様で、飲み込めない」と言うので
繊維質な物が、あらかたNGなのです。

お粥も超ドロドロに。少しでも粒があるとダメです。

栄養バランスも考えて、全て裏ごし作業が入ります。
朝の出勤前に作るのは、大変です。
なので前日に材料は全てカット、加熱しておいて
朝はミキサー&裏ごし作業です。

レトルトで美味しくて、義父のノドを通る物を物色。
何種類か見つけました。

でも金銭的にも毎食、頼る事も出来ません。
なので毎日、義母と「これならお父さん食べられるんじゃない?」
とか言いつつ、スーパーで買い物をしています。

私の兄も身体障害があり、水なども全てトロミをつけなければ
飲むことが出来ません。(ゼリーは大丈夫)

介護ってだけでも大変だけど、食事面も大変です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 息子の成長 | トップ | 急な事でした »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です。 (torcha-n)
2017-07-01 08:42:37
うちの父親も「お粥が食べたい」って言いますけど、細かく切った野菜とか卵入れて「おじや」にしても食べられるから、まだ楽ですね。

パソコンが使える東京へ戻ったので、いろいろ調べて放射線治療の病院を探しています。良さそうなのがすぐ近所に見つかったんですが、口コミ情報が無くて、手こずってます。副作用の事も調べてみないとならないですしね。

自分ちの話ばっかりですみませんね。

義母さんもrankaさんも、介護疲れで体調崩さないでくださいね。
介護食 (nextのMです)
2017-07-02 05:01:38
トロミをつけた介護食・・・義父と実母の時のことを思い出しています。
誤嚥性肺炎にならないように、飲食物すべてにトロミをつけて、たいへんでしたね。
そうそう、レトルトって高ーい。

しっかりrankaさんがついていて、義父さん義母さんお兄さん甥っ子さん姪っ子さん、さぞかし心強いことでしょう。
rankaさん、お疲れが出ませんように。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。