BASS的ひとりごっつ。

ふと思ったことを、そこはかとなく書く忘備録。(コメントは承認制です。ご了承ください。)皆様のお役に立てれば幸いです。

インチキ相場、さすがだわ。

2016年10月15日 | 株関係
ユニクロの利益半減。

株価は企業の稼ぐ利益が反映されるものなので
極論を言えば、自分としては株価も半減してもおかしくないと思うが・・・

http://www.fastretailing.com/jp/ir/library/pdf/tanshin201608_4q.pdf



日本銀行が買い支えてるのか?って話になってきたら
業績に関係なく株価は上がり続けるんだろうなと。


日銀が700億円投入(ETF)して株価の買い支え。


株価下落してもおかしくないファーストリテイリングが
1650円株価が上昇(約5%)。


そのため、その1社分の株価が上がって
日経平均が「+64.46円」押し上げられる。

その結果、日経平均が82円上昇。


上げ幅の大部分がユニクロだし、
他に上げている株も日銀がETFを通じて上げているわけだから
普通に考えると下がっているはずだ。

もし、この図式が現在成り立っているとしても
そのうち株式市場は身の丈にあった株価に
自然に戻ると予測を立てています。

しかしそのインチキ相場・・・
インチキが破綻したときには
その損失を一般国民が税金で払うことになります。

貧乏人が借金して金持ちと同じように振る舞っても
やがてつけを払うときがやってくるのです。

年金機構は5兆円損失出した人が3000万円の報酬を得ていたりするので
「損失出したら3000万円もらえる」仕事がうらやましいのですが
その損失は国民が背負い、3000万円の給料も年金から払われるわけで
やっぱりツケは一般国民に回ってきます。


一般国民だけというのがミソなんでしょうね。
その頃には黒田日銀総裁は、たんまりお金貰っていなくなっているでしょうしね。
任期はあと2年もありませんからね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売ったら上がり始めたか・・・。 | トップ | ふらのワイン(赤) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む