マリリンの映画日記

映画ライター、瀧澤陽子のブログです!新作映画からオールドムービーまで幅広く綴っております。

『用心棒』

2017年05月14日 | 映画

恒例の船橋市南老人福祉センターでの、映画解説。ここんとこ、新旧問わず、どの作品を見てもピンと来なかった。

映画というのは、日常生活で、悲しいことや辛いこと、心配や不安ごとがあると、どうしても集中できない。これは致し方ない。逸脱できる時間の流れに身を任せるしかない。

やっと、なんとか、自分の平穏な日常に戻りつつあったのか、それとも、黒澤明監督の「用心棒」があまりにも、優れていたからなのか、私は、見終えると、しばらく茫然自失し、作品の持つ、躍動感やストーリーテリングに感服していた。

「用心棒」を初めて見たのが、確か、20代の後半だった。確かにその時も黒澤の世界、三船敏郎の男のダンディズムに酔っていた。

今から40年も前のことである。しかし、時空を超えて、再び、「用心棒」を見て衝撃を受けたのは、物語が単調でありながら、三船演じる「用心棒」の荒れた町を再生しようとするクレバーさ、それは姑息な手段をうまく使い、見ている私に驚くべき生命の力、平和への渇望、人が人として生きるには、自分のためでなく人のために生きる、そんな人間の矜持を心の中にぶち込んでくれたからだ。

世界の黒澤、世界の三船。この二人のマッチングは日本映画の誇りであり、この功績を抜けるものはないと言っても過言でないだろう。

先日、あのイケメンのアラン・ドロンが引退した。そのアラン・ドロンが一番尊敬していたのが、三船敏郎だそうだ。アラン・ドロンの「サムライ」はかなり三船敏郎を意識しているがよくわかる。

しかし、60年代の日本映画は奇跡が起きたかのように、良作。傑作が巷に洪水のように流れこんでいた。

優れた監督たち、俳優陣。

そう思うと、今の日本映画はちょっとかなぁ?なんて、過去を憧憬している。

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「浜町映画塾」第2回講演会 ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。