Randonneur旅日記

おじいちゃんの自転車一人旅・輪行サイクリング

みみ爺、梅雨の晴れ間に一っ走り           2017年6月17日 土曜日

2017-06-18 16:00:56 | サイクリング
 手賀沼の自転車専用道は、まるでロードバイクの銀座通りみたいだった。
 緑に覆われた水辺も丘もすっかり夏の姿だ。気持ちのいい晴れだよ。



 青い水面には白いヨットが風を受けて走っている。



 しばし水辺を眺めながら一休みして、昼頃家に帰り、こんな天気のいい日には電車に乗って秩父か奥多摩方面にでも行けばよかったと恨めしく思いながら、午後は昼寝で一日は過ぎた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みみ爺、梅雨の晴れ間に一仕... | トップ | メジロが巣を作った!   ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (IWA)
2017-06-19 17:00:12
手賀沼に来られたのですか? その日私は7:30に手賀大橋の下に集合して総勢9人で鹿島神宮、息栖神社、香取神社をまわって佐原駅にて電車に乗り込みました。少し風はありましたがさわやかな天気で快適でした。※今回は断腸亭さんとBさんは参加されていませんでしたが。。。
■ところでバックショットの写真はタイマーで撮られたのですか? 他の人に頼んでバックショットということはないですよね?
Unknown (みみ爺)
2017-06-19 20:27:52
 鹿島神宮、香取神社とはずいぶん遠くまで行きましたね。私も一度は佐原まで行ってみたいと思っていましたが、帰りの電車がちょっと面倒そうだったので、未だに実行には移していません。
 天気も良く、さぞ気持ちのいいサイクリングだったことでしょう。でも、Bさんや断腸さんがいないとは珍しいですね。
■バックショットはもちろんセルフタイマーです、ハイ。
Unknown (B)
2017-06-21 05:57:50
いやいや、どうも、ああした平らな所を延々と走るのは好きじゃないし、まして、参加者の殆どが、いわゆる走り屋的思考の方たちですから、平地とは言え大変な事になりそうなので、君子危うきに近寄らずです。 とは言え、当日はお仕事でししたからいずれにせよ無理でしたし。

Unknown (みみ爺)
2017-06-21 08:49:00
 まあ、利根川自転車道を延々と走るのはかなり退屈ですし、ロードの走り屋さんたちとはスピードがまるで違いますから、私も近づきたくはありませんが。
 しかし、川から離れた細い道をたどれば結構アップダウンがあり面白そうでそうですよね。
 …それでは、また平らじゃないところへ行きましょう。私が言い出すと、また秩父や奥多摩になってしまいますが、行き帰りの輪行が嫌でなければ、ぜひまた断腸さん、IWAさんたちも一緒に。
 暑い夏でも、標高が高い所へ行くと涼しくて走りやすいですよ。
Unknown (IWA)
2017-06-21 11:07:04
書きもれましたが潮来のあやめ祭り、花嫁さんも見ました。たまには平地の長距離を適度な速度で走るのも快適です。
秩父や奥多摩、いいですね。ぜひとも走りたいです。やはり房総と比較すると高さと奥行きのスケールが異なります。輪行はなんとか耐えるしかありませんね。。。
みみ爺さんへ (えっさん)
2017-06-21 15:14:15
こんにちは!
水辺が気持ちいい季節になりましたね~
自転車で川沿いを走るのが大好きな私
これからも、どんどん走りに行かなくちゃ
Unknown (みみ爺)
2017-06-21 18:02:01
 コメントありがとう。
 えっさんのブログはいつも欠かさず見ていますが、本当に羨ましいくらいの景色・風景の中を走っていますね。写真がとてもきれいなので感心しています。
 これからもどんどん素敵な写真を見せてくださいな。
Unknown (銀乗)
2017-06-25 20:39:30
行った先で降られ尻を濡らし閉口する機会が増える季節。
遠出は梅雨が終わるまであと少しの辛抱ですね。梅雨明けは暑い暑い秩父が待ってますよ^^
銀乗さんへ (みみ爺)
2017-06-25 21:55:31
 銀乗さんは、秩父に近い所に住んでおいでのようで、うらやましい限りです。私は秩父が好きですが、都内を抜けていく輪行がいつも大変なんです。…でも、秩父を目指しますけど。老体に鞭打って。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。