King Diary

秩父、羊山の麓で今日も珈琲豆を焼いている

『スクラップアンドビルド』と『紙の月』

2016年12月20日 18時55分24秒 | 映画
『スクラップアンドビルド』はNHKのドラマで録画して
みました。

そのちょっと前に『紙の月』も録画してありみたのですが、
この文芸作品の映画化はとても対比的に感じたのです。

前の方が原作より良くできたドラマになっていたのに対して
後の紙の月は原作と違うところがすごく違和感をもって
とてもつまらない下手なエロ映画でそれも失敗作でどこに
魅力があるのかというひどい出来でに感じました。

というのもこの紙の月は劇場で予告編で見てその主演に
宮沢りえという女優にこの主人公がかい離しているところに
なぜかエロシーンを多く入れて何の狙いなのかもともとの主題を
解らなくしてしまいました。

私はこの映画監督の話をテレビや映画で聞いており、それで
かなり期待した部分もありましたが、それがこれだったのかという
がっかり感はより強くなりました。

紙の月だから壊していいんだという言い訳を残してお局の小林聡美
の前から逃げていくシーンが監督のいうこのシーンを考えて撮りたかった
ものなのでしょうが、色仕掛けで預金を取ろうとしたり原作にないような
シーンにこれは宮沢りえだから変な浴と違う映画に変えた原因がある
ようで、原作でタイに逃げてからさらに若い男と食事してさらに逃げる
シーンこそ作るべきラストだったのに非常にがっかりのラストでした。

原作を読み違うシーンを入れるのは文学と映像表現では手法上しかた
のないことですが、選ぶ役者や色々な制約があるにしても原作を読んだ
人をがっかりさせるのはいかがなものか。

その点、スクラップアンドビルドの方はドラマの方が解りやすく原作
よりいいくらいでした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ネブラスカふたつの心をつ... | トップ | 教訓的草津 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL