善右衛門の気ままな備忘録

通勤電車が無用となって3年目に入る、気ままな暮らし。更新も気ままに。

夏休み

2017-07-18 09:39:07 | 日記
夏休みと言えば、青春と結び付き、アバンチュ-ルをと思うが、私は全く無い。大学とてアルバイトで忙しかった。夏休みは稼ぐ時期だ。お金になる工場の夜勤、トラックの助手がお金になった。春休みもアルバイトだが、地方から働きに来ている方一緒に働いたがウマがあった。その方は夏にはいない。短期のアルバイトは朝、アルバイトニュ-スを買い、モ-ニングサ-ビス食べながら探す。長いアルバイトは、学徒援護会の掲示板だ。これ今はない。これ、アルバイトしながら、食事を削り、生活ガマンすれば親に負担かけないで何とかなった。学費も負担して無理となると、夜に変更できた。子供の高額な学費を見て驚いた。学資保険入ってて良かった。もう、自分の力で大学行くのは無理らしい。夜に学べる大学も例外となった。当時は早稲田大学、中央大学初め、夜があった、そこから弁護士、会計士になった方も多い、また 大学は解放されていたから他の大学の授業も聞けた。それから50年、確かに、所得は増えた。便利になった、大学も増えた、進学率も50%超えた。私の二十歳の頃とは雲泥の差だ、なのになんで、貧しい子供や20代の若者の貧困率が増えたたのかな。なんなわけで、青春の夏休みの思い出は働いた思い出しかない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祇園 | トップ | いにしえの川遊び »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。