心の風景

晴耕雨読を夢見る初老の雑記帳

京都・知恩寺の「秋の古本まつり」

2016-11-03 21:42:47 | 古本フェア

 今朝もいつもどおり不動尊に向かって朝のお散歩にでかけました。本堂にお参りをしたあと、四国八十八カ寺の祠の前を通って奥の院に向かい、薄暗い洞窟の中の大日如来像に朝のご挨拶です。そのあと長い石段を登って大師堂にお参りをする、そんな導線をほぼ毎日辿っています。坂道の多い街ですから、往復2キロのお散歩がほど良い運動にもなり、来週の洛北紅葉ウォーキング13キロに備えることになります。
 さて、前回お伝えしたアケビの実ですが、独特の薄紫色の実が秋の深まりを告げています。数日後、果皮が割れて中の果実が姿を現したので、さっそく収穫しました。1日ほど部屋に飾って眺めた後、スプーンで乳白色の果実をすくって食べましたが、たくさんの種を避けながらほんのりと甘い果実を楽しみました。食べた後の皮は、家内がネットで調べて炒め物にしてくれました。紅葉が進み、葉っぱが落ちると、家内お得意の蔓細工が始まります。すべてを無駄にしない我が家であります。(笑)
 本題に入りますが、先週の土曜日は朝早くから京都に出かけました。お目当ては百万遍知恩寺で開かれた「秋の古本まつり」です。今回初めて訪れたわけですが、これでことしは京阪地区の主だった古本祭を総なめにしたことになります。春先に大阪市の中央公会堂で開かれた「水の都の古本展」を皮切りに、「弁天町ORC200古本祭」、「ツイン21古本フェア」、四天王寺さんの「大古本祭り」(春・秋)、京都みやこめっせの「春の古書大即売会」、京都下鴨神社の「下鴨納涼古本まつり」、大阪天満宮の「天神さん古本祭」。そしてこの知恩寺が私にとっては打ち止めになります。
 なぜ古本に拘るのかって?年間8万冊ともいわれる新刊のなかでいったい何冊が生き残るかが問われる時代に、なおも生き残る本。すべてではないにしても、そこに商売が成り立つにはそれなりの意味、価値があるということです。そうした古本から大きな気づきをいただきます。それも格安で手に入るわけですから、一石二鳥です。もちろん手に入りにくい稀覯本は高値で取引されることになりますが、私とは違う世界の話です。
 知恩寺の古本まつりは、3冊500円といった格安コーナーでも興味をそそる古本が多かったように思います。たとえば、「河合隼雄対談集(こころの声を聴く)」「ユング心理学入門」「空海の道」「空海のことば」など。神谷美恵子の「こころの旅」、24歳で四国遍路にでかけた高群逸枝の著した「日本婚姻史」や、「千の風になって」を作詞作曲した新井満の自由訳「方丈記」、600頁にもおよぶ「新島襄とアーモスト大学」なんて本もあります。この日の収穫は11冊になりましたが、来年の春を迎えるまでの冬ごもりの季節をこれらの古本に囲まれて過ごすことになります。(笑)
 午後1時過ぎ、知恩寺を後にすると、重たい古本を入れたリュックを背に、京都大学、吉田神社を横目に今出川通りを東へと進みます。銀閣寺に向かう道をそれて「哲学の道」に入ります。何年振りでしょう。学生時代には友と歩きました。卒業してからは家内と、そして子供たちと歩きました。どう考えても10年以上経っています。
 法然院に寄ってみました。鬱蒼と茂る薄暗い参道を歩いていくと山門がお出迎えしてくれます。観光客はまばらでしたが、なんとも風情のある風景でありました。その後、熊野若王子神社を過ぎて永観堂に向かいます。紅葉には少し早かったのですが、微かに染まっていました。そして、南禅寺にお参りしたあと、京都市動物園、美術館沿いの疎水歩道を歩き、京阪電車の三条駅をめざしました。およそ6キロの道のりでしたが、オーディオプレイヤーで舘野泉さんのピアノ曲を聴きながら、気持ちの良い汗をかきました。
 そうそう、今週のカレッジは「法学(刑事裁判)」と「音楽」でした。音楽講座のテーマは「尺八」。大師範のお話と実演がありました。尺八と琴の二重奏、宮城道雄の「春の海」がすごく印象的でした。法学ではなく「邦楽」の世界との初めての出会い。楽しい時間でした。ちなみに、尺八に挑戦してみましたが、いくら吹いても要領を得ずまったく音が出ませんでした。(笑)
 明日は家内とお出かけです。明後日はシンポジウムを聴講の予定ですが、その前に中之島の国立国際美術館で開催中の展覧会「ヴェネツィア・ルネッサンスの巨匠たち」を観てこようと思っています。姉妹関係にある京都国立近代美術館友の会会員なので無料なんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 堺の町を歩く | トップ | 結婚40周年を迎えて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (みいやん)
2016-11-10 10:47:47
少し失速してしまいました。(笑)

不動尊さんにお参り方々お散歩できるなんて羨ましい限りです。

心も落ち着きますね。

二キロの道のりは結構大変なんじゃないかと思いますが四国遍路ではもっと歩きますから大したことはないのですか?
毎日のことですから感心しています。

アケビはやっぱり美しいですね。

奥様が色々とやってくださるようで楽しめますね。

私も失速している間に干し柿を作ったりしていました。(笑)

今回も古本をたくさん購入してきたんですね。

読む時間って夜ですか?

私はなかなか時間が取れません。

ちびちゃんワンズたちが膝で遊び始めるからです。(笑)

良い本が格安で手に入るっていう事は魅力的です。

私も何か買うときにはネットで古本を選びます。
欲しい本が古本であればの話ですけどね。


尺八の音色が大好きで一度は習おうかなっと思ったことがあります(笑)
でもやめたのは唇にしわがよるかなっとか
口紅は吹くたびに取るのかしらとか~単純な考えからです。笑っちゃうでしょ~。

大事にしている尺八のCDを持っています。

尺八で奏でる歌謡曲です。
その中でも尺八で奏でる好きな曲は

抱擁、矢切の渡し、 契り、 まわり道、東京セレナー
デー、 さざんかの宿、等々全14曲です。

あっ...演歌ですね。
私は演歌はあまり好まない方なんですがこの尺八で
奏でると本当に素敵なんですよ。

尺八は音を出すのが難しいかもしれないですよね。
トランペットもそうですね。
一度吹いていてみましたが音は出ませんでした。(笑)

寒くなってきましたね。
暖かくしてお出かけしてくださいね。








ご無理はなさいませんように。 (ran_coffeebreak)
2016-11-10 21:30:37
コメントをありがとうございました。

ブログの更新がずっと止まっていたので、少し心配していました。何かあったのかと。お家のことでめいっぱいなのに、ブログの更新やらブログへのコメントなどが重なり、心身ともにお疲れになったんでしょうか。いずれにしても、ご無理はなさいませんように。「心の風景」へのコメントも、継続的にいただいていますが、お気軽にお考えください。

先日、シニアカレッジの先生がおっしゃっていました。中高生ならこれから何十年もお付き合いになるでしょうが、シニア世代はそうはいきません。(年齢を考えると)そんなに長くはないはず。だから、気楽に肩の力を抜いて楽しく学んでいきましょう、と。

ブログも同じかもしれませんね。お会いしたこともないブロガーの方々とネットを通じてお話しをする。それ以上でもそれ以下でもありません。
いつ交通事故に遭遇するかもしれません。不意にブログの更新がストップして、音信不通になる。十分に考えられることです。ネットの世界では、そういう脆い関係性の中でしか成り立っていけないだろうと思います。
そうではあっても、そこに心休まる場が共有できるのであれば、それはそれで楽しいことだと思います。という次第ですから、あまりご負担にならないようになさってください。

きょうは京都・洛北紅葉ウォーキングに初参加でした。午前10時、洛北の京都国際会館を出発して午後2時頃に目的地の三条駅に無事辿り着きました。13キロを楽しく歩くことができました。ことしは紅葉が少し遅れているのか、全山紅葉とはいきませんでしたが、この模様は近々にブログにアップしたいと思っています。

尺八の音、確かにそうですね。じっくり音を聴くと、独りで竹林の中を歩いている風景を思い浮かべてしまいます。高校の頃クラリネットを吹いていましたので、簡単に音が出ると思っていたのですが、ダメでした。(笑)

コメントを投稿

古本フェア」カテゴリの最新記事