きまぐれ日記

だいたいが妄想系腐女子日記。
感想にはネタバレあります。
何かありましたら、リンクの拍手へお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みゃむらとレン。

2010-06-01 22:41:16 | たぶん日常。
最近はこの二つで出来てます。

アタシの最近は宮村くんとレンに萌えです。
あと、他にもイロイロあるんですが
最近はこの二つを変わりばんこに・・・(馬)

そして動画や作品見たりしてるとあっという間に時間が過ぎる罠。
怖い、怖い。怖い。
大事なことなんで三回言っておきました。
それでも毎日見ちゃうのはなんでだろ?

そうか、これが萌えというものか・・・。うん知ってた。

ハマリ始めはひどいです。
少ししたら落ち着くんですが。
それの証拠に荒川UBちょっと落ち着きました。
村長村長言わなくなったしな(え?)
まぁ何回も見てるのは否定しない。うん、しない。

ただおおっぴらに言わなくなるだけなんですけどね。
自己処理が出来るまでわめき散らして
人が興味を持った頃に「あぁ、うん。」みたいな(最低)

なので、しばらくしたら落ち着くので
それまで呟いたりしますので
あぁ、この人今これにお熱なんだわってそっと見守ってください。

というわけで、宮村くんはHEROさんとい方の書かれてる
ネット漫画の登場人物です。
むしろタイトルになってるくらいの子。もうめちゃくちゃ好みでして。
ドストライクなんですよね。
かわいすぎる。

あぁ、ちなみにノーマル萌えです。
って注釈をしなければいけない腐女子なのが
なんとなく寂しい気もしないでもない。
でも腐女子をやめる気もないので(笑)

ちょっと話がそれましたが。そんなわけで宮村が可愛くて仕方ない。
おまけになればなるほど可愛くなる。
気になった人はぜひ読んでみてください。

基本、堀さんたちとすごす平凡な学園生活ってのが
本当にキュンとしてですね。
あぁ・・・懐かしい学生時代よ・・・みたいな。

そしてレンは言うまでもなくボカロです。
友達が歌い手さんにハマってアドレス送ってきたのに
まんまんと本家にカムバックするという
華麗なキャッチミスをおかしておりますが再ブームです。

歌い手さんも聞いてますよ。えぇ。
誰が好きってのは恥ずかしいから明言しないけど。

それより動画がはいるとネ申ですね。
先日深夜に号泣ですよ(馬)
あれは、泣くわ。間違いなく泣くわ。
歌聴いて泣くとか何年振りよ!っていう話で。

そんな感じで最近動画に夢中でブログもうっかりです(馬)
なのでいまさら週末の話も少し。
土曜日にわたるくんたちと
オタカラに行ってきたんですが
ほとんど歌わずに萌えを語ってきたという。

あそこで一番のオタクはアタシだったんじゃなかろうか(笑)
自分がマニアックすぎて少し自重してたんですが(あれでか!)
本当に楽しかったです。

そして日曜日は朝四時前に寝たのに
朝の5時に家のチャイムを連打されまして。
新たに入った隣も連打されてたようなので
それ関係の何かなのかそれとも・・・。

とりあえずノブをそっと下げる音がして
怖くてそれ以降しばし思い悩み、思い切って
携帯もって(何かあったら電話しようと)
通常一重ロックな玄関に行って二重ロックにしてみたり。

その後、怖くて電気つけたまま寝たもん(チキン)
チャイム連打くらいなら怖くないけど
ノブ下げられたら怖いもん。

とりあえず戸締りしっかりしようと思いました。
先日うっかり閉め忘れてたりしたんで
戸締りを本当にしっかりしようと思います。
大事なことなので二回言っておきました。

年に一回くらいあるんだよな、閉め忘れ。
傘を片付けたり玄関でいつもと違う行動をすると
うっかり閉め忘れるんです(馬)

友達が来て二重ロックされてると驚きますからね。
誰が閉めたんだ!!って。
一人なのでもっと慎重に生きようと思いました。えぇ。

そんな日曜日。
起きたら友達から開国せよ!(外に出ろ)といわれたので
夕方から飲みにいってきました。
とりあえず上記の萌えをかのかさんに伝えてきました。
ウザくてすみませんでした。
でもアタシは大満足でした。

で、最近こんな感じでネット中毒なので
深夜までパソコンで、眠さマックスなんですね。
帰ってきて転寝して~夜中起きてるっていう
最低なサイクルでして・・・。
転寝ダメ!!!ダメ!!!

というわけで今日は一日眠かった。
今日こそ日中眠くない時間に寝ようと思いますが
もう転寝したあとなんだよなーあははは!(馬)

さて、ネット楽しみます(馬)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #20 黄天當立 | トップ | とろふわがとろふわじゃなか... »
最近の画像もっと見る