―  ジャズ箏ユニット Ramses  ラムセス ―

 箏(琴)・十七絃(Bass)・ジャズギター Two JAZZ KOTO , JAZZ Guitar

Bird と バリー

2017-07-12 | 本日のJAZZ
Velvet、 DVD再生プレーヤーを仕入れたので





を購入。 


チャーリー・パーカーがジャズミュージシャンになったときからの人生の映画。

この映画の音源は実際にパーカーの演奏を使っていることも
魅力。

再生は確認OK。よしよし。

あとは、夜な夜な見ちゃう・・・・だろうが
部屋を映画館風にして、、、
予定たててから!



amazon の レビューを参考に。

こちら





内容紹介

クリント・イーストウッド監督作品。
天才ジャズマン、チャーリー・パーカーの壮烈な生涯。

ジャズ史にその名を残す天才アルトサックス奏者、チャーリー“ヤードバード”・パーカー。
ジャズの革新“ビ・バップ”を創始し、観客を熱狂させる一方、ドラッグとアルコールに蝕まれながらサックスを吹きまくる。
僅か34才でこの世を去った、チャーリー・パーカーの鮮烈な生きざまと彼の妻チャンの生涯を描く。

演奏はパーカー自身のオリジナルを復元し、レイ・ブラウンら超一流ミュージシャンが共演。
熱狂的ジャズファンで知られるC・イーストウッドが監督し、カンヌ映画祭、他世界各国で絶賛を浴びた。



ジャズの神様。。とされるパーカーについては情報量がたくさん!


だから ここで書きたいのは購入理由のもうひとつ。

ビバップを追究し続け、誰よりもバド・パウエル直系とされる
バリー・ハリスのこと。



この映画のサウンドトラックには
ジャズを演奏、研究する上で、私たちに欠かせない存在である
ビバップ最後の伝道師 バリー が パーカーと演奏したときの音源が
収録されています。

というよりは、このサウンドトラックは、

当時の音源の中から
パーカーの演奏はそのままで!
現代のミュージシャンをジャムセッションしたものと書かれています。

実際に若かり日に、パーカーと演奏したバリー。


今もなお、実際に 世界中でジャズワークショップを行っていること、
本当のジャズを、ビバップを、惜しみなく知識を教え伝えていることにも

尊敬、敬意、、、

言葉が足りない。




ぜひ、私の好きな The Walker's さんのページ I am Jazz 
ジャズ・スーパー列伝のバリー紹介をご覧ください。

No.4です。




http://www.t-walkers.com/





サントラ  ↓






Wikiより ↓

バリー・ハリス

バリー・ドイル・ハリス(Barry Doyle Harris, 1929年12月15日 - )は、
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのモダンジャズのピアノ奏者。

マイルス・デイビス、リー・コニッツらと共演し、後にニューヨークへ進出しキャノンボール・アダレイ、コールマン・ホーキンス、デクスター・ゴードンらと活動を共にする。ブルーノート・レーベルではリー・モーガンの歴史的名盤といわれる"サイドワインダー"にも参加し他にも多くのバンドのサイド・メンとして活躍し又リーダー作も発表している。地味ながら実力派のバド・パウエルスタイルの典型的なバップ・ピアニストである。



映画「BIRD」”Parker's Mood” より 


Parker's Mood - Bird Original Motion Picture Soundtrack



そして、ブログの続きはバド・パウエルへ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリジナルの曲について。 | トップ | 続 映画 Bird と  ウォ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本日のJAZZ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL