そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

スプリット

2017-05-18 | 劇場映画れびゅー
復活したM・ナイト・シャマランの『スプリット』を観てきました。 ★★★★ 23人の多重人格の犯罪者をジェームズ・マカヴォイが瞬時の演じ分けで魅せつけてくれるのだけれど、23人と言う設定が必要だったのかは少し疑問。 ネタバレ いつも物凄いサプライズでクライマックスを盛り上げていたM・ナイト・シャマランですが、今回はまさかの『アンブレイカブル』との関連付けと言うサプライズ。 M・ナイト・シャマラン . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

2017-05-15 | 劇場映画れびゅー
待望の続編!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を観てきました。 ★★★★★ おふざけが過ぎますよ! 100%良い意味で。 サービス精神旺盛過ぎてずっとニヤニヤが止まらなかった。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]クリス・プラット,ゾーイ・サルダナ,デイヴ・ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ワイルド・スピード ICE BREAK

2017-05-03 | 劇場映画れびゅー
まだ続くんかい! 終わったと思っていた『ワイルド・スピード ICE BREAK』を観てきました。 ★★★★ 遂に主役が敵にまわる反則技を繰り出してまで続けてしまった。 ただ、主役が敵にまわったおかげで、仲間キャラ達の活躍に時間を割けるようになり、世界観を広げる事に成功している。 前作の敵が何故か味方に加わると言う少年ジャンプ方式は今回も続いていて、あんなに敵対していたやつがまた一緒に活躍して . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

帝一の國

2017-04-30 | 劇場映画れびゅー
人気若手俳優が一堂に会したコメディー『帝一の國』を観てきました。 ★★★★★ 全員が生き生きと面白くしようと演じていて、観ている側もノリノリにさせられる。 引っ張っているのは主演の菅田将暉で、どこまで引き出しを持っているのかと関心させられる。 コメディーに徹していながらも、展開の面白さがまた秀逸で、イケイケな展開の勢いに任せて普通なら「そんなあほな」と感じる事でもやれてしまっている。 帝 . . . 本文を読む
コメント

美女と野獣

2017-04-26 | 劇場映画れびゅー
ディズニーアニメ映画の実写リメイク。『美女と野獣』を観てきました。 ★★★★ なるほどな、アニメの実写リメイク。 あの大ヒットアニメ映画が、ミュージカルパートもほぼそのままに、現代の魔法VFXの力を借りて、“今”らしいリメイクがなされている。 エマ・ワトソンが演じるベルが凄く可愛かったり、お父さんを演じたケビン・クラインがディズニーキャラにどハマりだった辺りに注目していたのですが、魔法道具に変 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

バーニング・オーシャン

2017-04-25 | 劇場映画れびゅー
「海が燃えるのよー♪」と歌詞を間違えていることに気づかずに、心のなかで口ずさみながら『バーニング・オーシャン』を観てきました。 ★★★★ 記憶に新しい海底油田事故が題材。 現場の緊迫感がリアルに迫ってくるパニックスリラーに仕上がっていました。 全然期待していなかったので、得した気分。 ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]トム . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

T2 トレインスポッティング

2017-04-18 | 劇場映画れびゅー
まさかの続編。『T2 トレインスポッティング』を観てきました。 ★★★★★ 前作は、「なんかおしゃれ」「なんかカッコいいかも?」「アメリカとも日本とも違い過ぎる!」なんて、ブリティッシュ・ポップカルチャーのアイコン的な映画として妙なヒットの仕方をした映画でした。 振り返ってみると、ポップカルチャーと言うよりも、底辺で足掻いている青年たちを、超ポップで芸術的な映像マジックで描いたノリの良い映画だっ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

ゴースト・イン・ザ・シェル

2017-04-12 | 劇場映画れびゅー
日本のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のハリウッド実写映画化。 『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観てきました。 ★★★★ 映像美とスケール感だけは、現在の最高峰の一つかもしれない。 『マトリックス』の頃は、“ジャパニメーションっぽい”演出がウケていましたが、現在はジャパニメーションそのものを、CGの力を借りて、ハリウッドの技術力で実写(と言うかCG)映画化することが . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

ムーンライト

2017-04-05 | 劇場映画れびゅー
アカデミー作品賞でまさかの誤発表による逆転を遂げた『ムーンライト』を観てきました。 ★★★★★ アカデミー賞での『ラ・ラ・ランド』を上回る評価を得たのも納得。 純粋な心の持ち主が、育った環境で人生を歪められる様子。 その中にも得た希望、しかし…。 空想の世界に逃げることなく、現実を直視する少年の姿勢に、観ていて心が締め付けられる思いになった。 ストレイト・アウタ・コンプトン [Blu-r . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

キングコング 髑髏島の巨神

2017-03-31 | 劇場映画れびゅー
かつて東宝が作った『キングコング対ゴジラ』のハリウッド版への布石として、リブートされた『キングコング 髑髏島の巨神』を観てきました。 ★★★★ もの凄く日本のアニメや特撮怪獣映画、テレビゲームの手法と、ハリウッドの特撮モンスター映画が融合されていて、中国資本に替わっても、まだまだこれだけ自由に映画が撮れるのかと、揺るがないレジェンダリー・ピクチャーズのへの信頼感が感じられた。 コングがメインな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

SING/シング

2017-03-21 | 劇場映画れびゅー
ミュージカル映画流行りなので、ついでに『SING/シング』を観てきました。 ★★★★ 新旧様々なヒット曲に塗れた、久しぶりにハッピーなミュージカルでした。 観終わって残っている感情はないですけれど、洋楽が好きな人限定で、とにかくハッピーな気持ちになりたい人にはオススメ。 アニメ映画には珍しく、字幕版の上映回数が多いのが嬉しく、洋楽のヒット曲を日本語で歌われて、日本の子供達は楽しめるのかな?なん . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

哭声/コクソン

2017-03-15 | 劇場映画れびゅー
久々になにやらトンデモナイ香りのする韓国映画、『哭声/コクソン』を観てきました。 ★★★★ これはトンデモナイ! 一見イロモノなのだけれど、あらゆるオカルト映画をミックスして、韓国映画流のクド過ぎ、濃過ぎの演出でコテコテに、しかし秀逸な脚本が芯に一本通っていて完成している映画となっている。 主役のおっさんの濃過ぎを超えて「これは下手って言うのではないのか」と言うレベルの演技と、韓国映画の定番 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

モアナと伝説の海

2017-03-14 | 劇場映画れびゅー
前作の『アナ雪』で散々ハードルが上がってしまったディズニープリンセス映画の最新作、『モアナと伝説の海』を観てきました。 ★★★★ 個人的には、大好きな海!海の描写の美しさに目が釘付けで、『ファインディング・ドリー』とはまた違うリアルで有りながら宝石のような美しさ。 いろいろ有って(仕事が忙しいは金がないはで)、今年は行くことが出来なさそうな南の海に想いを馳せながらの鑑賞になり、物語と言うよりも映 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

アサシン クリード 3D

2017-03-07 | 劇場映画れびゅー
なんかかっこ良さげな『アサシン クリード』をiMAX3Dで観てきました。 ★★ 元はテレビゲームだそうですが知りません。 派手でカッコいいバトルシーンだけが見所ですが、どれも同じに見えてしまって退屈。 そして、何が言いたいのか、何を描きたかったのか、よくわからない。 3D映像については、冒頭で有り得ない手抜き加工が有って、映画の内容が微妙なのに追い打ちをかけている。 ネタバレ 原作ゲームの . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

素晴らしきかな、人生

2017-02-26 | 劇場映画れびゅー
ウィル・スミスが主演ってところに拒否感が出ながらも『素晴らしきかな、人生』を観てきました。 ★★★★★ 昔の『素晴らしき哉、人生!』とは、クリスマスシーズンが舞台なところ以外は関係がない。 幼い娘に先立たれて、自暴自棄になった男と、彼と会社を救おうと奮闘する友人達の心温まる話。 人生捨てたものじゃない。幸せのオマケがある。 全ての自暴自棄になっている人へのメッセージのような映画だと思う。 ネ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)